起立性調節障害の原因【中学生・高校生はストレスに要注意】

起立性調節障害は思春期に特有の病気で、原因は自律神経の不調です。その自律神経の不調は精神的ストレス、成長期の急激な体の変化によって起こるものですが、これがなんともわかりにくい。

起立性調節障害がどのようなメカニズムで身体的な不調を引き起こすのか、何が原因で症状が出ていて、その背景にある精神的なストレスがどのように関わっているのか。

この辺りをこの記事で解説します。

スポンサーリンク

起立性調節障害の原因は自律神経の不調

最初の述べた通り、起立性調節障害の”症状の根本的な原因”は自律神経の不調です。

起立性調節障害の症状がでるまでの流れを理解するのに、まずは「自律神経」と「血圧」といった人の体の仕組みをおさらいしましょう。

そもそも自律神経ってなに?

人間に身体は、休息したりリラックスして体を休める時に優位になる副交感神経と、意識を覚醒させて活発に活動する時に優位になる交感神経の2つで構成される自律神経を持っています。

野生のライオンを想像してもらうと分かりやすいですが、獲物を狩るときや外敵に晒されている時は覚醒の交感神経、獲物をお腹いっぱい食べ終わってあくびしながらお昼寝している時はリラックスの副交感神経が働きます。

人間の体も夜はリラックスする副交感神経、朝から日中は交感神経が優位になり、生活の色んな場面に合わせて無意識に切り替わりが出来ています。

人は朝起きると自律神経の交感神経が優位になり、身体を覚醒させている

赤いハートと心電図

人間の体は心臓が脈を打つことで血液をポンプのように押し出し、全身に血が行き渡るように流れを作れを作り出します。

その心臓が血液を押し出す力の強さのことを血圧といいますが、血圧の高い、低いは自律神経によってコントロールされています。

就寝中は血圧は低く、朝起きると覚醒モードになって血圧は上昇します。ここまでが一般的な仕組み。

起立性調節障害の症状が出る原因とメカニズム

次に、起立性調節障害の子どもがなぜ朝起きれなくなるのか?について。

人が身体を横にして寝ている時は、心臓と脳みそは同じ高さにありますから、血流は十分に確保できています。しかし、頭を起こして自分の足で起立すると、重力の関係で上半身の血液は下半身に降りてきます。

しかし人間の体はそうならないよう防御機能を備えていて、脳への血流を確保します。人は起立すると自律神経を働かせて血圧を上げ、血管を収縮させて、頭部に一定量の血液を確保しているのです。

人体

しかし、起立性調節障害の患者は自律神経が働きません。そのために防御機能も働かず、文字通り頭部から下半身に血液が降りてきてしまいます。

その結果、頭部を始め全身に血液を供給できず、意識は朦朧、立ちくらみ、吐き気などを起こして朝は全く起きれないという訳です。

そこで無理やり起きた、起こしたとしても、脳への血流は確保されていませんから、やはり意識は朦朧とし、全身で色んな不調をきたします。

起立したときに体内で血流を調節する機能の障害、これが起立性調節障害です。

朝に身体が起きず、夜に覚醒し、生活リズムが徐々にズレる

自律神経の働きが不調になると、生活リズムも狂っていきます。起立性調節障害の子供は朝は全く動けず、昼過ぎにようやくエンジンがかかりはじめ、夜に覚醒のピークを迎えます。

私も経験があるのでわかりますが、夜は不眠症になったかのように、何をやっても眠れません。

早く寝なさい!と言われても、寝れないものは寝れないので売り言葉に買い言葉で親子の衝突が絶えず、興奮して余計に寝れなくなる悪循環です。

朝は起きれないので、当然遅刻や欠席が増えていきます。

〔詳細〕 起立性調節障害で夜寝れない!夜更かししがちな夜の過ごし方

起立性調節障害が中学生などの思春期に多い原因…背景には精神的なストレス

じゃあ起立性調節障害の原因となっている自律神経って何が原因で狂うのか?っていうと、ここでようやくストレスが出てきます。

起立性調節障害は心理的なストレスによって症状が悪化することが既に分かっていますので、いかにそれを取り除くか、軽減するかが治療の重要な鍵です。

ストレスは起立性調節障害の原因にもなるし、症状を進行させる要因にもなるからです。

また起立性調節障害になる子供は周囲にNOを言えずに過剰適応してしまう性格の子が多く、ストレスをまともに受けてしまうことが多いのも要注意です。

〔参考〕 起立性調節障害にはなりやすい人の性格や特徴がある

起立性調節障害の原因となるストレスってどんなの?

じゃあ起立性調節障害に重要な影響をおよぼすようなストレスって何があるのか?というと、それは思春期ですから色々あります。

親や学校の先生、クラスメートなどからの批判や叱責、成績低下による焦り、自尊感情の低下、いじめ、親との衝突などなど…。

起立性調節障害の子供はいじめにあっていう割合が他の生徒と比較して1,8倍も高いという数値が出ていますので保護者は注意してください。

急激な身体の成長と変化も自律神経に影響を及ぼす

思春期は成長期とも重なりますから、短期間で一気に身体が成長・変化します。その急激な成長のせいで自律神経のバランスも崩しやすくなっています。

身長が短期間で数センチ伸びることもあるし、女性であれば初潮も迎えます。

自律神経は全身に行き渡っていますが、神経は人体の成長に遅れて追いつくのが一般的ですから、思春期はそのズレが大きくなりやすいので、自律神経のバランスも崩れやすいのです。

自律神経のバランスを整えるために出来ることをやろう!

部屋に舞い込む朝日

起立性調節障害で朝起きれなくなると睡眠リズムが狂い、日中も横になって過ごす時間が増えてしまいます。

しかし、これを続けると余計に自律神経のバランスを崩れてしまうので要注意です。

下にまとめた記事を参考にしながら、朝は起きれなくても強い光を浴びる、水分を多めに取る、夜眠る前は照明をだんだん暗くするなどの工夫を継続してみてください。

特に朝の起こし方は参考になる内容が多いと思います。朝起きて光を浴びる習慣は、個人的にもずっと続けていて、原始的ですが効果が出やすいと感じています。

自律神経が整ってくると、生活リズムや睡眠リズムも整いますしね(生活リズムが整うと起立性調節障害が治るのではなく、自律神経を整えると起立性調節障害が治るという順番です!決して逆ではありません)。

まずは朝にカーテンを開けて部屋を明るくする、出来るだけ午前中は強い光を浴びる、あるいは私が使っているような光目覚ましを使うなど、簡単な習慣をまずは続けてみてください。

〔参考〕

発光している光目覚まし時計inti SQUARE

→ 光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加