起立性調節障害

起立性調節障害

起立性調節障害の原因【中学生はストレスに要注意】

起立性調節障害の原因は自律神経にあるのですが、なぜ起立性調節障害は中学生や高校生といった思春期に多い病気なのか?どういう仕組みで朝起きれない症状が出ていて、なぜストレスが関係しているのかをまとめました。
2018.06.04
起立性調節障害

小学生の起立性調節障害について【低学年は少なく高学年が多い】

起立性調節障害は特に中学生に多く見受けられる病気ですが、小学生で起立性調節障害と診断されるケースもあります。 小学校の高学年ぐらいになると起立性調節障害の可能性も高いのですが、それよりずっと下の低学年で起立性調節障害と診断されたという...
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害の薬とその種類と副作用について

起立性調節障害でよく使用される薬の種類(ミドドリン塩酸塩、メチル硫酸アメジニウム、プロプラノロール)とその副作用について紹介しています。起立性調節障害の投薬治療の概要記事です。
2018.06.04
起立性調節障害

もしやうちの子も?起立性調節障害の診断・検査方法とサブタイプ

起立性調節障害の診断は病院で行います。身体症状項目、心理テクストレス因子の有無のチェックリストと、起立試験という検査をもとに、起立直後低血圧、蔓延性起立性低血圧、体位性頻脈症候群、血管迷走神経性失神という4つのサブタイプ、重症度を診断します。
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害に必要な学校での対応と説明【診断書の提出も】

起立性調節障害の子供に対して適切な対応をとってもらえるために、保護者は学校側に病気のことを説明する必要があります。正しく病気のことを理解してもらえるように、どのように働きかけをすれば良いか、どのようなことを伝えればよいかを記載しました。
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害になりやすい子供の性格、特徴

起立性調節障害にかかる子供には性格的にも身体的にも幾つかの特徴があるようです。 最初は疑心暗鬼だったのですが、色々な書籍で紹介されているものを見ていくと、確かに起立性調節障害だった私にも該当するものが多かったです。 その特徴につ...
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害はいつ治るのか?完治するまでの治療期間

起立性調節障害は本当に完治する病気なのか?いつまでに治るのかは当事者にとって死活問題です。起立性調節障害は症状が残るものの日常生活に支障がない程度に回復しますが、症状を残さずに完治させるコツを紹介します。
2018.06.04
起立性調節障害

【実録】僕はこうして起立性調節障害から不登校になった

起立性調節障害の子供が、どのような悩みや苦しみを抱えて学校に行けなくなり、不登校になるのかの過程を、実体験で振り返ります。対応や接し方、進路のことなど心配は多いなか、親に病気を理解してもらえないと子供はどんどん居場所を失います。
2018.06.04
起立性調節障害

克服体験者が助言!起立性調節障害の朝の起こし方

起立性調節障害の中学生、高校生の朝の起こし方について解説しました。無理矢理起こそうとするのは逆効果。即効性はありませんが、同じ起立性調節障害を経験し、完治させた経験を持つ私がおすすめする朝の起こし方です。
2018.06.03
起立性調節障害

起立性調節障害は暑さに注意!梅雨~夏の季節に再発・悪化傾向

起立性調節障害は夏の暑さに弱いため、梅雨のムシムシした時期から夏の暑い時期は症状が悪化しやすいです。また、冬になって症状が消え起立性調節障害が治ったと思っていたら春以降に再発した、というケースも珍しくありません。 起立性調節障害はなか...
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害の治し方【自分で出来る生活習慣の改善・工夫】

この記事では起立性調節障害の治し方について、実際に起立性調節障害と診断された経験がある私が、「薬を飲む以外の方法で、自分の家で誰でも出来る病気の治し方」という観点で紹介しています。 この記事を読んでいる方の中には、病院での治療に不満を...
2018.06.04
起立性調節障害

起立性調節障害の病院は何科?→中学生・高校生でも小児科へ

起立性調節障害の疑いがある子供を連れて病院に行く場合、何科を受診すればよいか? 答えは、小児科です。 子供が中学生や高校生であっても、まずは小児科を受診することをおすすめします。年齢的にさすがに小児科はどうなのかと当然迷うと思う...
2019.04.12