息子・娘の高校中退と就職:求められる親の対応とは

man-114437_640-compressor

娘や息子が高校を中退。もうすでに決まっている人、中退している人、決まりそうな人、色々あると思います。

ここでは、子供の高校中退に関していろんな不安を抱えている人に向けて、高校中退経験者が思うところを語っていきます。

スポンサーリンク

息子や娘の高校中退後の進路…就職か?進学か?

高校中退後の進路は、大きく分けると3タイプです。細かい進路先は色々あるのですが、高校中退経験者たちのたどってきた道を見ると、この3タイプに分類できます。

  1. 就職する・働く(アルバイト・パート含む)
  2. 高校卒業資格を目指す
  3. 数年働いた後、高校卒業資格を取る

高校を中退しても、その後その経歴が嘘のように立ち直って社会的に自立している人が多いのは、2と3の人です。

高卒資格を取った後に専門学校や大学、短大に進学したり、そのまま働いたり。高卒資格の有無は信じられないほど、その後の人生を左右します。

私は高校中退後に①の「就職」を選ぼうとしましたが、直前で思い直して②に進みました。あのときの選択は正解だったと思います。

娘や息子の将来は?高校中退者の就職が厳しいのは紛れもない事実

By: GotCredit

By: GotCredit

では就職の方はどうでしょうか?

今更言うことではありませんが、高校中退し中卒のままでいるのは正直リスキーです。よほど専門的な領域にある職業とかスポーツ、芸能など特殊な仕事をしている場合以外はおすすめしません。

高校中退はその後進学をしなければ中卒のままです。就職が全くない訳ではありませんが、「労働環境が良く、長く続けられるような常識的な就職口」は極端に少なくなります。

アルバイトやパート、非正規雇用から仕事ぶりを認められて正社員へステップアップしていく例もありますし、立派に社会的・経済的自立を果たしていく人もいます。

しかし、そのような道のりは決して容易ではありません。

詳細記事→ 高校中退の男性・女性の主な就職先

就職から進学に切り替える人も実は多い

十代や二十代前半の頃はまだアルバイトやパートなど働き口があります。

しかし、高卒資格がないことによるデメリットを徐々に痛感したり、自分の人生の選択肢が狭いことに危機感を持つ人も多いです。

若い時は強がっていたけど、勉強することが自分の人生にどうしても必要だと思い直し、再び高卒資格を目指すという道をたどっていきます。

これが、数年働いてから高卒資格を目指す人が多い理由です。

それまでは惰性でやらされているだけの勉強でしたが、自分から求める勉強に代わるのでグングン伸びていきます。勉強ってこんなに楽しかったのかと衝撃を受ける人も多いのが特徴。

高校を辞めてからの進路選びがとてつもなく大事

高校中退してもその後しっかり立ち直っている人が多いのは、定時制高校、通信制高校、高卒認定試験などで高卒資格を取っている人です。

高校中退でも短大、専門学校、大学へ進学すれば最終学歴は中卒ではなくなるので、ハンデはゼロになります。

就職への影響も全くありません。私は高校中退後に大卒で就職活動をしましたが、何ら影響は感じませんでした。

私の経験上、出来ることならどんな形であれ高卒資格を取って、進学or就職をその時に決めるほうが無難です。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加