起立性調節障害で昼夜逆転…生活リズムを治す光目覚まし時計の効果

光目覚まし時計inti SQUAREの本体と箱と説明書

起立性調節障害や不登校といった、子供の睡眠や朝の寝起きに関してお悩みの親御さんにぜひ知っていただきたいのが、この光目覚まし時計です。

この光目覚ましを使うことによって、人間が本来持っているメカニズムを活かし、体の根本から健康的に生活リズムを治し、起立性調節障害の症状も改善することが出来ます。

薬ではなので副作用もないし、成長期のお子さんの身体に負担をかける必要もありません。

お子さんが起立性調節障害せいで満足な学校生活が送れず、将来にも今の生活にも強い不安を抱えている親御さん、あるいは大切なお子さんが不登校状態で昼夜逆転の生活リズムを元に戻したいと考えている親御さんに、とても相性の良い商品かと思います。

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

不登校の生徒や起立性調節障害の中高生におすすめしたい!地道に使い続けてきた光目覚まし時計のリアルな効果

実は私もこの時計の愛用者でして、今でも毎日使ってます。だいたい1年半ほど使ってみて今では生活必需品になっています。

光目覚ましを使うと起立性調節障害の症状の改善が期待できると最初に書きました。じゃあ起立性調節障害の子供、昼夜逆転した子供が朝の光を浴びるとなぜ良いのか?というと、

  • 体内時計を整える
  • 自律神経を整える
  • メラトニン(睡眠ホルモン)の分泌リズムを整える

主にこの3つの効果があります。簡単に言うと、「朝に強い光を浴びると体内の基本機能&リズムがしっかり整いますよ」ということ。

眠気を誘発する睡眠ホルモン(メラトニン)は朝に光浴びるとすぐに減少、そして15時間後にもう一度分泌される仕組みになっています。

人間は古来より日が昇るのに合わせて活動し、太陽が沈むのに合わせて休息する生き物です。冷静に考えれば、朝に光を浴びることで生態リズムを整えるのはDNAレベルで組み込まれた本能的な機能ですよね。

つまり、起床~夜の寝付きまでの一定リズムを整えるためには朝に光を浴びる習慣ってとても大事ってことなんです。

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

起立性調節障害の治療にも使われる光学療法

太陽の光

起立性調節障害には光学療法といって、朝に強い光を浴びて体内機能を整える治療方法があります。

光学療法は2500~5,000ルクスという一定単位以上の強さの光を、毎朝2時間、4週間に渡って続けます。光は人工的なもので良く、成功率は約60%。難治性にも一定効果があることが分かっています。

期間が4週間で成功率が6割ですから、期間をもっと延長して継続すれば成功率はもっと高まるかと思います。

起立性調節障害の子供にも朝は光を浴びるよう指導される

それこそ起立性調節障害の専門家が書いた本、睡眠に関する書籍を読んでみても「朝は起きたらカーテンを開けて光を浴びること」っていうのはどの本にも、必ず書いてあります。

例えば睡眠関連の書籍の中で、朝の光を浴びることの重要性に関して書かれている部分に全部付箋を貼っていたところ、4冊読んだだけでもこれだけありました。

付箋がたくさん張られた睡眠本4冊

起立性調節障害の専門書でも本当に記述箇所が多くて、まさに起立性調節障害の患者にとってこの朝に光を浴びる習慣がどれだけ大事かがよく分かると思います。

カーテンを空けて光を入れるようにしているけど効果がない!という人へ

雨の雫

既に起立性調節障害について勉強されている方で、朝にカーテンを開けて光を入れるようにしているけど特に効果がないという人も多いと思います。

光学療法は一定以上の強さの光を毎朝、一定時間しっかり浴びないと効果は全く出ません。そのため、自分の家で光を浴びているつもりでも、実はこの基準に達していない可能性が高いです。

実は私も朝カーテンを開けて朝日を浴びるようにしてたんですが、イマイチ効果を感じなかったんです。でも、冷静になって考えれば当たり前です。

そもそも寝室の朝の日当たりはイマイチ(西向き)だし、浴びている時間も短い。秋~冬、梅雨の季節は光が入りにくく、特に雨と曇の日はほとんど光を浴びれていませんでしたから、効果なんて出なくて当たり前です。

寝室に朝日が入ってくるのなら光目覚ましを使う必要はないが…

風でゆれる窓のカーテン

子供の寝室が日当たりがよく、朝日がしっかり入るのならカーテンを開けて光を浴びせるだけで十分です。

でも、一定以上の強さの光を一定時間以上、安定して浴び続けるのって意外と難しですよね。

私の寝室環境では太陽の光だけ浴びても効果が出にくかったので、そこで止む無く光目覚まし時計を見つけてきて、購入したという訳です。もちろん、光学療法に効果が出る強さの光がでるという条件付きで探しました。

これで毎朝、安定して継続的に光を浴びれるようになり、一定の効果が出始めたという感じです。

光目覚まし時計の使用上の注意!効果を最大限に発揮させるコツ

光目覚まし時計の効果を最大限に発揮させるための注意点が幾つかあります。それが、

  • 置き場所に注意すること
  • 効果を焦らず地道に続けること

です。

私の経験上、一番効果があったのは横向きに寝た時に顔の目の前、至近距離で光を浴びれる場所ですね。

ベッドの枕の横に光目覚ましを置いている様子

頭の上に置いてしまうと目で光を浴びれないので、あまり効果がないです。せっかく光を発射しても浴びなければ意味がありません。

それと布団を被ってしまう、反対に向いて寝ているときの対処方法として、光目覚まし時計のすぐそばに音のアラームがなるスマホを置いておくと更に良し。

詳細は「1年半使い込んだ!光目覚まし時計intiの効果的な使い方」の記事でも書いていますが、最初は音で起きて、そのまま光を浴びるという流れを作ったほうがより効果的でした。

光目覚ましに即効性はない!地道な習慣が効いてくるものだと割り切る

もうひとつ、即効性がない点も理解しておきましょう。

この光目覚まし時計を使えばすぐに起きれる訳ではないし、すぐに起立性調節障害が治るなんていう魔法の商品ではありません。

この光を浴びる習慣は続けていかないと効果が出ないですけど、継続していれば徐々に徐々に、確実に体内リズムや自律神経が整っていきます。

実際に光目覚まし時計を使い始めてから効果が出るまで

私も最初はせっかく買ったのに全然起きれなくて、「あー失敗したかなぁ、無駄な買い物したかなぁ」と正直思いました。

でも3ヶ月、半年、1年と続けていくうちに徐々に効果が出始めてきて、気付いたら朝型生活のリズムが完成してた、そういや最近寝付きも良くなったな、ラッキー!という感じでした、本当に。

私は中学生の時に起立性調節障害を発症し、成人してからも寝付き、寝起きが悪く、就職後に自律神経のバランスを崩して不眠になりましたが、この光目覚まし時計を使ってリズムを元に戻してからは、不調は一度も再発していません。

効果が出るまでにやや時間がかかる分、1日でも早く起立性調節障害の症状を改善させたいんであれば、1日でも早くこの習慣づけを初めて実践することです。

そうすれば効果が出るのも早いですし、起立性調節障害の症状が収まってからの再発予防にもなりますから。

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

注意点その3:光目覚まし時計は値段が高い

この光目覚まし、25,800円と目覚まし時計にしてはやたら高いです…。

これちょっとキツイなぁと思って、他に同じような安い光目覚ましがないか色々探したんですが、結局この光目覚ましが良いという結論です。

なぜかというと、安いものは光が弱すぎて、光学療法に効果が出る基準に達していない、あるいは光の質が悪く目に悪いからです。

リンク先にも書いてありますが、朝に浴びる光の強さは2500ルクス以上でないと効果がなく、その基準を超える光目覚ましがこれ以外にほとんどないんです。

ちなみにこの2500ルクスという数字は「快眠のための朝の習慣・夜の習慣(日本睡眠改善協議会常務理事・白川修一郎氏監修、睡眠改善インストラクター内海裕子著、だいわ文庫)」という本にも(P75)、光学療法の本にも明記してあったので、これは根拠のある数字かと思います。

発光している光目覚まし時計inti SQUARE

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

光の基準を満たす光目覚ましがあったとしても、値段が50,000円()とかでやたら高いし、医療用なのか無駄にデカくてとても部屋に置けなかったりして、消去法で最後に残ったのが今私が使ってるやつです。

最初は「高っかいなぁ」と思いましたが、気に入らなかったら返金保証も付いてたし、値段が高かった分、工夫に工夫を重ねて使い倒しましたね。

それで望んでいた朝型の生活のリズムが手に入ったのですから、まぁ良しとするかと言った感じ。

25,800円でも、1年間365日使えば1日あたり約70円、2年使えば1日35円ですし、まぁ元は取れたかなと納得しています。

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

まとめ

デメリットや注意点もはっきり書いきましたが、まとめると私は気に入って使ってますし、起立性調節障害にも、不登校の昼夜逆転にも一定の効果は期待できます。

効果が出るまでにやや時間はかかりますけども、1日でも早く今の状況を変えたければ、1日でも早く、この光を浴びる習慣を始めて欲しいと思います。

起立性調節障害や昼夜逆転に限らず、朝に光を浴びる習慣は人間が人間らしく生活する上で重要な習慣なので、寝室の環境などを考慮しながら、こういった光目覚ましも検討してみてください。

光目覚まし時計inti SQUAREの本体と箱と説明書

光目覚まし時計 inti SQUARE【公式】 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加