大人の起立性調節障害の人の症状と仕事について【成人後の体験談】

中学生や高校生の頃に起立性調節障害だった人が大人になってから仕事を始めた時、どの程度影響があるのか。

また、現在大人になってもまだ症状に苦しんでいる人は、どんな対応を取ればいいのか。

中学時代に起立性調節障害だった私も、今では一般企業に就職して働いています。今なお症状は当時の名残のようなものがありますが、なんとか頑張れています。

大人の起立性調節障害と仕事に関して、今思う事を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

大人の起立性調節障害の人の症状と仕事について【成人後の体験談】

まず前提として、中学生高校生で起立性調節障害だった人たちの20年後を追った調査結果では、女性が約半分、男性で29%の人に症状が残っているのだとか。

病院での治療を引き続けている人はおらず、症状が残っていると言ってもうまく付き合いながら社会生活を営んでいる人たちばかりなので、実質ほぼ治っているとみていいでしょう。

詳細→ 起立性調節障害はいつまでに治るのか?影響なく完治させるために

私も当時の症状は少し残っていますが、意識的に自律神経の異常を適正化させるようにしていること、過去に自律神経系の専門的な治療を受けたこともあって、社会生活は問題なく遅れています。

私が感じている起立性調節障害の名残の症状

それほど重いものではありませんでしたが、私も中学生の頃に起立性調節障害でした。

今なお朝が弱く、人よりも長い睡眠時間がないとすぐにしんどくなります。毎朝ガバッ!と勢いよく起きてしまうと、やっぱりフラフラしますし消耗が激しいです。

これを続けてしまうと知らず知らずのうちに疲労を貯めこんでいて、ある日ぷっつり糸が切れて倒れこむように休養したくなったりします。

あとは、その場に直立する時間が長かったり、ちょっと疲れたなぁと思っても10分~15分ほど寝そべって横になると一気に楽になります。

自律神経の入れ替わりもあまりスムーズではないので、これらは皆当時の名残といえるでしょう。

起立性調節障害の症状が重い場合の働き方

成人後の大人になっても起立性調節障害の症状が重いままという人は(あくまで統計上は)少ないです。

ただ、その症状のせいで仕事に支障が出ている人、あるいはこれから就職するときに不安な人は、働き方に関しても色々考慮した方がいいです。

まずは自分のやりたいことと自分にできることのバランスをとること。

これは個人的な失敗もあるのですが、理想ばかりが先行して自分の体がついてこないと、心身ともに参ってしまいます。

本音ではバリバリ働きたいのだけれど、身体が持たないとか。海外の仕事をしたい、ハードだけどやりたいことがある。

こういった理想と自分の身体、体質とうまくバランスを取らないとどこかで破綻します。

朝が弱い人の強ーい味方!フレックスタイム制(裁量労働制)

By: Ai Amo

By: Ai Amo

私は今働いている会社が運良く「フレックスタイム制度」を取り入れています。

この制度は1ヶ月に働く時間をトータルで管理し、1日にいつ出社してもいつ退社してもOKというもの。

たまたま就職した会社がこの制度だったのですが、正直かなり助かっています。

昼から出社や昼過ぎ退社も可能ですが、(周囲との連携と根回しも必要ながら)この制度があるお陰でなんとか働けています。

起立性調節障害の人の仕事、働き方でもっと現実的な対応策はないか?

ただ、このような制度が整っている会社ばかりではありません。そのため、考えらる対策はおのずと限られてきます。

  • 自律神経の症状を根本から解決するか(体質が絡むので完璧には難しいかも)
  • 会社に事情を説明し、許される範囲で融通を利かせてもらうか
  • 自分の活動の限界やキャパシティを理解し、その範囲内で働けるように自分で工夫するか
  • 時間に自由が効く仕事をするために専門性を身につけるか
  • フリーランスや自営業か
  • 自分の体の特徴を力して上手に付き合うか

出来るできないはその人によって変わるので一概に言えませんが、自分の体とは長く付き合っていくので、上手に理解して付き合っていくことはどうしても必要です。

起立性調節障害と深いかかわりがある自律神経の治療を行うなら

自律神経はリラックス(副交感神経)、覚醒(交感神経)の2つの神経が上手に入れ替わって人間が生物として生きていくための基本機能を整える大切な器官です。

起立性調節障害は自律神経の不調から起きている病気なので、大人になってもまだ起立性調節障害の症状に悩む場合、起立性調節障害よりも自律神経の治療を行うという選択肢もあります。

詳しくは「成人後の大人の起立性調節障害の病院は原因治療がお勧め」の記事で書いていますが、一応こういう場所もあるんだということを知っておくといいと思いますよ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加