起立性調節障害の栄養・食事療法/塩分・水分は多めに摂取

子供が起立性調節障害で病院には行っているけど、思うように治療が進まず、大して良くならないという不満をお持ちではありませんか?

薬の効き目がなかったり、そもそも薬すら出されなかったり、時間だけが過ぎて状況が悪くなる一方だと、焦りが出るのも仕方ないです。

起立性調節障害は長い目で見る病気だとは分かっているけれど、やはり状況が状況だけに悠長なことを言ってられない事情もあると思います。

この記事では、子供の起立性調節障害の症状を1日でも早く改善するために、薬を使わない方法として、食事や栄養面で改善できるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

起立性調節障害の食事療法:意識すべきは栄養、水分、塩分など様々

起立性調節障害の食事療法は、以下の5項目を意識すること。

  1. 朝昼晩、毎日決まった時間に食事する
  2. 塩分を多めに摂る
  3. 水分をたくさん摂る
  4. 血行促進、血の巡りをよくする食べ物をとる
  5. 滋養強壮、栄養のあるもの食事をする

有名なのは、塩分、水分を多めに摂ることです。

この2つを多くとることによって、血圧が低下するのを防ぎ、起立性調節障害の症状を改善する効果が確認されているからです。

では各項目、もう少し詳しく解説していきます。

腹時計も体内時計の1つ!起立性調節障害の食事は生活リズムを整えるのにも重要

バナナが入った朝食のグラノーラ

腹時計という言葉がある通り、毎日決まった時間に食事を摂ることで身体が一定のリズムを覚え、体内時計も整っていきます。

起立性調節障害の場合、朝食はどうしてもズレがちになると思いますが、病院で薬を処方されている場合は、起きてすぎに昇圧剤を飲み、水分を摂るようにします。

その後、体の不調で食べれない時は、水分だけでもいいし、ガッツリ食べれなければヨーグルトだけとか、フレッシュなオレンジジュースだけでも飲むと良いです。

一定のリズムで口からものを入れるリズムを整えておくと、身体もそのリズムに合わせるようになるので、子供の朝の体調を見ながら、出来る範囲で実践してください。

起立性調節障害は血圧を上げる!塩分をたくさん摂る

塩

高血圧予防とは逆で、起立性調節障害は血圧が低いのを治療します。

起立性調節障害は朝起きた時に自律神経が上手く働かず、血圧が低いままです。血圧を高めて身体のスイッチをONにしなければいけないのに、OFFのままになるのがこの病気です。

起立性調節障害の治療は昇圧剤という血圧を上げる薬を処方するので、食生活も血圧を上げるために塩分を多めに摂るのがもはや常識です。

塩分を摂ると水分を体内に保持するために、血圧低下を予防する効果があるとされており、過去実際に行われた実験でも、塩分を多めに取ると症状が改善したという結果が確認されています。

梅干しやお味噌汁、塩辛いものを食事に入れる

起立性調節障害になる子供はみな、なぜか塩辛いものを好みません。

お漬物や塩辛など、塩分が濃いものを避ける傾向にあるので、1日10~12gを目安にし、今の食生活から余分に3g程度(梅干し1個半~2個程度、カップラーメンの汁半分程度)を余分に摂ると良いです。

他にはイカの塩辛とか、毎食お味噌汁を飲むとか、食べ過ぎはよくありませんが、普段の食事よりやや多めぐらいを意識するといいかと思います。

普段の食事にプラスするとしたら、梅干しが一番簡単で食べやすく、用意もしやすいです。

最近は減塩ブームで昔ながらの塩分濃度が高い梅干しは少なくなり、売っているお店を探すのも一苦労ですが、下にあるような和歌山の専門ショップなら、まだ品質が良く昔ながらの梅干しも取り扱っています。

【紀州産南高梅】紀州本漬け梅干|紀州梅の里なかた

もちろん、起立性調節障害が快方に向かえば、塩分も少なめに、普段と同じ程度の量に戻しすことを忘れずに!

起立性調節障害の人は水分を多めに摂ろう

コップに水を注ぐ

次に、水分です。

起立性調節障害の子供は、塩分を避ける傾向にあると述べましたが、なぜか共通して水分摂取量も少ない傾向にあるようです。

水分摂取量が少ないと、充分な血圧が維持できずに低下してしまうので、起立性調節障害は一向に良くなりません。

大体、毎日少なくとも1.5㍑~2㍑の摂取が目安なので、大きめのペットボトルは最低でも毎日1本飲むぐらいが最低ラインと覚えておきましょう。

学校には水筒やペットボトルにお茶を入れて持っていき、水分は出来るだけこまめに摂るようにすること。

もともと水分摂取量が少ない子の場合、欲しくなくても飲むよう習慣づけないと、一向に飲みたがりませんので、水分は多めに取るように日頃からアドバイスしておきましょう。

起立性調節障害は血の巡りが悪い!血行促進効果のある食べ物を

私も中学生の時にそうだったのですが、起立性調節障害の子供は身体が硬く、肩がパンパンに張って凝っているなど、とにかく血の巡りが悪いです。

血圧が低い=心臓が脈打ち血液を押し出す力が弱いということなので、起立性調節障害の子どもは自然と血行が悪くなります。

血の流れを良くするために血液をサラサラにし、血行を促進する効果がある食べ物を積極的に取ると良いです。

具体的には、

うなぎ、アーモンド、モロヘイヤ、パプリカ、大豆製品、ブロッコリー、にんにく、生姜、玉ねぎ、にんじん、黒酢、りんご、オレンジ、もずくなどの海藻類、キウイ、サバ、アジなどの青魚など。

特に、にんにくは滋養強壮効果もありますし、低血圧の人には相性が良い食品ですね。

起立性調節障害を完治させた僕の推奨サプリメント」の記事でも書きましたが、私もレオピンというにんにくエキスのサプリメントを今でも毎日飲んでいて、飲んだ次の日は明らかに朝起きやすいのを実感します。

食事ではありませんが、起立性調節障害の子どもは肩や背中、太もも裏、ふくらはぎなど身体が固くなって血流も悪くなっているので、整体に行って全身をほぐしたり、お風呂上がりに入念にストレッチをすると私の経験上、より相乗効果が生まれやすいです。

→ 起立性調節障害を完治させた僕の推奨サプリメント

起立性調節障害に限らず、滋養強壮効果、栄養のあるものをバランス良く

当たり前の話ですが、成長期の子どもにはバランスのよい食事が何よりも大事です。

特に炭水化物などの糖質は注意です。朝昼晩の食事は少ししか食べないのに、お菓子やスイーツなどの甘いものばかり食べれば、血糖値が乱高下して情緒不安定になりますし、健康上もよくありません。

糖質過多にならず、バランス良く適量を、野菜を多めに。

私も以前は偏った食生活でしたが、バランスの良い食事を整えていくと、精神的にも肉体的にも落ち着いていきたのを実感しています。

まとめ

起立性調節障害に関して日頃から情報収集をしている方にはあまり目新しい話はなかったかもしれませんが、基本に忠実に、コツコツ、当たり前のことを続けていくのがやはり大切です。

全てを最初から完璧にやろうとすると親子共々挫折するので、出来る範囲で始め、続けることを重視するぐらいが丁度よいです。

まずは塩分と水分を多めにとって、出来る限り毎日決まった時間に食事を取り、余裕があればサプリメントやストレッチを始めると良いです。

食事や栄養以外の方法で、薬を使わずに起立性調節障害の治す方法も下記記事で紹介しているので、興味があればご覧になってください。

〔参考記事〕


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加