起立性調節障害にかかりやす子供の身体的・性格的特徴

起立性調節障害は病気の一つですが、性格的にも身体的にも似たような共通項があるようです。

色々な書籍で紹介されているものをまとめて書いたのですが、私も該当するものが多く案外的を得ているかもしれません。

もちろん、すべての特徴に合致する人は少ないでしょう。ただ、こういった身体的・性格的特徴が多いのだという、コラム的な記事としてお読みください。

スポンサーリンク

起立性調節障害の子供によく見られる身体的・性格的特徴

f68bea33247c055a56c4109c60ecd518_s-compressor

ここで紹介しているのは、起立性調節障害の診断を受けた子供たちによくみられる特徴です。

当然、これらの特徴を持っている人が全員起立性調節障害になる訳ではありません。

また、これらの特徴の”せい”で病気になっているという、批判の意味は全くありません。

こういう特徴を並び立てると、どうも「こういう特徴があるあなたはダメなんだ」と言われているような気分になりがちですが、そういう意図は全くありません。

ただ、自分が該当するものが思った以上に多かったという点と、この記事を読んでいる人(もしくはその子供)にも当てはまるものがないかどうか確認する意味合いで読んでいただければと思います。

起立性調節障害の子供によく見られる身体的特徴4つ

apple-196935_640-compressor

  • 痩せ型
  • 胃下垂
  • 体力自慢ではない
  • アレルギー体質

3つ目の「体力自慢ではない」について補足します。これは起立性調節障害の子供は運動が苦手なタイプは多くみられるが、運動部の子供やスポーツが得意な子供も少なからずなっているという一種の矛盾を含んでいます。

どういう事かというと、運動好きかどうかに関わらず起立性調節障害にかかると疲労をため込みやすいため、結果的に体力自慢とは言えなくなるというイメージです。

起立性調節障害の子供は普通の子供に比べて3倍程度疲労をため込みやすいと言われていますから、その点を考慮しました。

ちなみに私は運動部で小さいころからスポーツが得意でした。走るのも得意でしたが、得意だったのは短距離のみで長距離はどちらかというと苦手。

苦手というより、成績が良かろうが悪かろうが長距離を走るのは全く好きではありませんでした。

披露をため込みやすいというのも今なお心当たりがあるところです。

これは自律神経の働きが覚醒と緊張の交感神経が活発に働いていて、リラックスとくつろぎの副交感神経が上手に働かないことがあるのが原因です。

〔参考記事〕→ 起立性調節障害はいつまでに治るのか?影響なく完治させる為に

起立性調節障害の子供によく見られる性格的特徴

stress-391662_640-min

  • 内向的で聞き分けが良い
  • 自己主張が苦手
  • 一つのことをくよくよ考えがち

起立性調節障害の子供は幼いころから育てやすい子供だったという印象を親が持っていることが多いそうです。

聞き分けが良く、あまりわがままも言いませんが、逆に言うと空気を必要以上に読みすぎて気持ちを閉じ込めやすいところがあるようです。

起立性調節障害は自律神経と深くかかわっています。

しかも自律神経は精神状態や心の状態に大きく左右されるので、メンタル的にストレスを多く抱え込んでいると起立性調節障害の症状が重くなるという理屈です。

→ 起立性調節障害が中学生高校生の子供の思春期に多いストレス原因

一般的な傾向、という意味ですが、自己主張が苦手で学校やクラスの中で積極的に発言するタイプではない子が多いです。

本人の意思に関係なく、周囲が勝手に「大人しい優等生」というイメージで接することが多いかもしれません。

その他の特徴

  • 吹奏楽部が多い
  • 男性より女性の方がやや多い
  • 塩辛いものが苦手
  • お風呂は熱いお湯が大好き
  • 肩こりがひどい
  • 乗り物酔いをしやすい

吹奏楽部が多いというのは「うちの子が「朝、起きられない」にはワケがある―親子で治す起立性調節障害」という書籍で紹介されていました。

運動部より文化部が多く、全体の中でも吹奏楽部の子供がダントツで多いそうです。

これは楽器の演奏で息を強く吸う、吹き込むという動作が関連している可能性があると紹介されていました。

また、男性より女性の方2割程度多いそう。成人後に低血圧に悩む女性の多くが思春期に起立性調節障害を発症していた可能性がい疑われます。

あくまで傾向ですが、私は当てはまりまくった

また、意外なところでは塩分をあまり好まない点。

これは高血圧予防で塩分を控えめにするという食事療法の逆で、塩分が少ないので血圧が上がらないというもの。

他にも、起立性調節障害の子供はお風呂は熱いお湯が大好き。

寝る前にこういった熱いお湯につかると身体を覚醒させ、寝つきを悪くさせるところがあるからだそうです。

ちなみに私は男性で運動部出身でしたが、塩辛いのを好まず、小さい頃は乗り物酔いをしやすかったし、今でも熱いお湯が大好きで肩こりですw

→ 成人した大人の起立性調節障害の症状と原因治療と仕事の事【経験談】


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加