【選び方間違うと逆効果】本当に使える起立性調節障害サプリ

三黒の美酢のパッケージ袋と粒2つ

起立性調節障害のお子さんに飲ませるサプリで最も使えるのは、三黒の美酢(さんごくのみず)という黒酢にんにくのサプリメントです。

起立性調節障害のサプリというと、睡眠系の成分を売りにしたものばかりですが、あれは安易に飲むべきではありません。なぜなら、時として症状を悪化させる可能性があるからです。

起立性調節障害のサプリメントは粗悪な商品も多く、間違った選び方をしている人があまりにも多いです。

この記事では、実際に起立性調節障害や自律神経失調症に苦しんできた私が、どういう過程で黒酢にんにくのサプリにたどり着いたのか、当事者の視点でたっぷり解説したいと思います。

⇒ 黒酢にんにくサプリ・三黒の美酢
【公式】

 

起立性調節障害のサプリメント、選び方を間違えている人が多すぎる

サプリメントに大きな赤のバツ印

いきなり偉そうなことを言いますが、起立性調節障害向けのサプリメントって間違った選び方をしている人があまりにも多すぎると思うんです。

起立性調節障害のサプリがどんものがあるか見ていくと、夜眠りやすくなるとか、睡眠の質をあげるとか、リラックス成分配合とか、睡眠に関する成分を売りにしたものばっかりです。

でも、起立性調節障害って寝付きが良くなるだけで治る病気でしたっけ?

違いますよね。

起立性調節障害が寝れない、朝起きれない理由」でも書きましたけど、起立性調節障害は朝の自律神経機能の低下こそが根本原因であり、その機能を元に戻さない限り血圧も上がらないし、脳血流も確保できません。

いくら子供の睡眠の質をあげようが、寝付きをよくしようが、自律神経は元に戻らない。

仮にぐっすり眠れるようになっても血圧は上がらないし、脳血流も確保するのには全く関係がない。つまりそのサプリメントを飲んでも、起立性調節障害の根本的な改善にはならない。

ここをまず誤解している人が多すぎます。

 

テアニン主成分のサプリ、それ血圧を下げちゃうから起立性調節障害には逆効果じゃないの?

もう一つ、成分も注意して見てない人が多い。

あまり大きい声では言えないけど、起立性調節障害向けのサプリって、実は起立性調節障害に逆効果になるんじゃないか?と私は割りと本気で疑っています。

大抵の起立性調節障害向けサプリにはテアニンっていう成分が入っていて、それを売りにしてる商品が多いですよね。確かにテアニンは睡眠の質をあげることが確認されていますけども、血圧を下げる効果も確認されています。

起立性調節障害の子供は朝に血圧が低いのですから、血圧を上げないとダメなんです。

 

血圧は下げたらダメなんです。

 

病院で処方される薬だって昇圧剤っていう血圧を上げる薬でしょ。でもテアニンは血圧を下げる効果がある。だから下手したら逆効果になるんじゃないかと…。

成分も何も気にせずに飲んでしまうと、病状を悪化させる可能性すらあるんで気をつけなければいけません。

 

起立性調節障害の人が血の巡りを良くしておく重要性

脳血流
Freepikによるデザイン

そもそも起立性調節障害の症状を改善するには、

  1. 自律神経を正常化させ
  2. 血圧を上昇させ
  3. 脳血流を確保する

という流れを子供の身体が自然と出来るようにしないといけません。そのために私たちは朝に光を浴びたり、血圧が下がらないように水分、塩分を多めに摂る工夫をする訳です。

しかし、起立性調節障害の子供は身体が固くなっており、運動量も少なく、血の巡りがとにかく悪いです。

せっかくいろんな工夫をして1~2までは上手くいっても、血がドロドロ、血流が悪くなっていたら、脳血流も確保しにくくなってしまいます。せっかく動き出した機能をフルに活かせないのはもったいない。

だから1~2を上手く働かせる工夫と共に、脳血流をスムーズに確保できるよう、出来るだけ血をサラサラにして血の巡りを良くしておく環境を整えておく。そうすれば、改善効果も出やすくなるんじゃないかと。

起立性調節障害や自律神経失調症にダイレクトには効かなくてもいいから、他の改善努力が反映されやすい体内環境を事前に整えておけば、間接的にでも症状改善に繋がるかもしれない。

そのために私が飲み始めたのが、滋養強壮効果があって、血行促進、サラサラ成分が入った、にんにくエキスのサプリという訳です。

 

最初はにんにくエキスが入った第二医薬品のレオピンを飲んでた

レオピン

最初は「三黒の美酢(さんごくのみず)」ではなくて、レオピンっていうにんにくエキスの第ニ医薬品を飲んでたんですよ。

【第2類医薬品】レオピンファイブネオ 60mL×4

これは漢方薬局とかで出してもらえるやつなんですけど、確かに朝は起きやすくなったし、体調も良くなるっていう自覚効果がありました。

しかし、値段が高すぎた。

レオピンにはランクがあって、あまり安いものだと自覚効果もそれなりだったんで、ある程度高いものを買いたい。すると、15,000円ぐらいするんですよ。

不妊治療なんかにも使うぐらいのものだから、さすがに値が張るんですよ。

4本入りでこの値段、1ヶ月あたりでも4,000円近くするから高いんです。これを毎月ず~っと続けるとなると、私の寂しいお財布事情ではさすがにキツイなと…。

お財布的に余裕があれば、こちらで良いと思うんです。でも今の御時世、みなさんやっぱり厳しいでしょう…?

 

レオピンの代用品として見つけたのが三黒の美酢

そこでレオピンと同じ働きが期待できる代用品がないか必死に探しまして、それで見つけてきたのが三黒の美酢(さんごくのみず)っていう黒酢にんにくサプリです。

三国の美酢
⇒ 黒酢にんにくサプリ/三黒の美酢
【公式】

もともとこのサプリは起立性調節障害とは無関係のサプリです。これの何が気に入ったかって、EPA/DHAが配合されていた点

EPA/DHAは俗にいうサラサラ成分のことで、血の巡りを良くする目的で探していた私にはまさに願ったり叶ったりでした。

EPA/DHAは青魚に入ってる栄養素で、頭を良くする栄養素としても有名ですよね。青魚は受験生に良いとか、魚の皮を食べると記憶力が良くなるとかってテレビでもよくやってますが、このEPA/DHAのことです。

私はもう勉強は関係ないのですが、起立性調節障害の子供には受験生も多いと思うので、せっかく飲むんだし、ありがたく摂取しておきましょう。

⇒ 黒酢にんにくサプリ/三黒の美酢
【公式】

三黒の美酢(さんごくのみず)は初回980円

あと値段も初回は980円+税+送料無料で買えるんで安い。

定期便しか無いのが面倒ですけど、2回目以降も5%引きで2,660円+税、送料無料で月1回届きます。これなら続けられる。中止するときは電話すればOK。

一瞬ですごい効果が出るなんて期待してるんだったら飲まない方がいいですが、病気改善のいろんな努力効果を、間接的にでもアプローチしていきたいのなら、体の中からこのサプリが後押ししてくれるんじゃないかと思います。

 ⇒ 黒酢にんにくサプリ/三黒の美酢
【公式】

 

黒酢にんにくのサプリ(三黒の美酢)がほかのサイトで一切触れられていない理由

ちなみに、起立性調節障害関係のサイトで黒酢にんにくのサプリ・三黒の美酢(さんごくのみず)のことを記事にしているサイトって、日本でうちのブログだけです。(この記事を当サイトで最初に公開したのは2017年7月)

なぜかと言うと、そもそも起立性調節障害とは無関係のサプリを、私が勝手に見つけてきて勝手に飲んでいるから、他のサイト運営者はこのサプリの存在すら知らないし、知るはずもない。

このサプリを見つけ出したのは、実際に起立性調節障害とか自律神経で悩んできた当事者だからです。

病気のことや成分のことを独学で勉強し、体の中を変えていくために相性がよさそうなものを、必死に探し出してようやく最終的にここに辿り着いた。

もし他のサイトで三黒の美酢(さんごくのみず)を取り上げられてたとしたら、このサイトを参考にして飲み始めたか、もしくはこの記事をパクったと思ってください。

 

本当に使える起立性調節障害サプリ、まとめ

三黒の美酢のパッケージ袋と粒2つとコップ1杯の水

 ⇒ 黒酢にんにくサプリ/三黒の美酢
【公式】

起立性調節障害を一瞬で完治させる魔法のサプリメントは存在しませんが、長期的に見て体内環境をとと終えたいのなら、三黒の美酢(さんごくのみず)が最強。

お金に余裕があるならレオピンでも良し。

【第2類医薬品】レオピンファイブネオ 60mL×4

同じ悩みを先に経験してきた人がその体験をまとめて情報を発信し、それを読者が享受できるのはネットの良いところだと思います。

普通に調べてたら、起立性調節障害と黒酢にんにくのサプリは結びつかないでしょうから。

私は「自分の経験や悩みが他の人の役に立つかもしれない」、「自分の経験が他の人の悩みを軽減できるかもしれない」っていう思いでこのブログを書いてますけども、この記事で取り上げたサプリのことも、瞬く間に色んなサイトでパクられていくだろうなぁと思います。

 ⇒ 黒酢にんにくサプリ/三黒の美酢
【公式】