小学生の不登校

小学校・中学校の学年別の不登校人数と推移

文部科学省による平成26年度の学校基本調査によると、小学生の不登校児童の人数は前年度から2,932人増えた2万4,175人となり、6年ぶりに増加を示しました。 また、全小学生児童に占める不登校児童の割合は276人に1人...
2015.06.14
小学生の不登校

小学1年生の登校拒否対策/学校に行きたくない子供

小学校低学年での不登校や行きしぶりは特に珍しいことではありません。ただ、それが長期化したり、状態化して引きこもってしまうのは避けたいところです。 親としては子供にキツく当たって無理やり行かせようとしても、それが効果的でないことがすぐに...
2015.09.20
中学生の不登校

不登校からの全日制高校受験・進学についての重要ポイント

不登校からでも全日制高校を受験して合格できるのか? この記事では、不登校経験がある生徒が全日制高校を受験し進学する上での注意点、情報収集の仕方、どこのポイントに注目すべきかをまとめました。 不登校期間が長い生徒であれば、成績も厳...
2017.11.18
中学生の不登校

中学生の高校受験を意識した勉強法

中学時代に不登校を経験してしまうと、その期間で丸々勉強内容が抜け落ちてしまいます。基礎学力に不安があり、勉強に遅れを取っていると思います。 高校受験を考えた場合に、勉強しなければいけないけれど、どういった勉強方法をとるべきなのか、当時...
2015.09.20
中学生の不登校

不登校でも行ける高校に全寮制高校がある

不登校生徒の高校進学先はやはり選択肢が狭くなります。不登校生徒を受け入れてくれる高校を探しているのであれば、全寮制の高校の存在はやはり知っておくべきです。 もちろん、実際に進学するかどうかはまた別の話になりますが、高校進学を考えていく...
2016.01.18
中学生の不登校

不登校生徒の受け入れに積極的な高校・進学先

例え中学で完全不登校であったとしても、進学先は必ずあります。 出席日数が足りず、仮に中学3年間ずっと不登校であったとしても、それだけの理由で入学を断られることはありません。 この記事では、日本の高校制度の中で不登校の生徒を受け入...
2017.09.29
中学生の不登校

不登校の高校受験での面接体験談/欠席日数が多い時の対処法

このサイトで何度も述べているように、私は中学校の時に不登校を経験しました。中学2年生はほぼ大半で学校に行けず、3年生になってからなんとか復帰するも遅刻と欠席が多いという状態でした。 文部科学省の不登校定義で言えば中学2年と3年の2年間...
2017.11.17
親や家族の対応と接し方

母親にできることは見守る対応を取ることから

専門家の間でも不登校の子供に対してどう対応すべきかは意見が別れる所です。家族や家庭内に不登校になりかけている、あるいは不登校の状態にある子供を持つ人は特に頭を悩ませていることと思います。 不登校対応については、親がその現状を受...
2015.09.19
学校への対応

学校対応マニュアル:親が先生の対応に不満を持つ理由

不登校の子供がいると、その両親特に母親、そして学校側で対応の仕方が異なる場合があります。正直、同じ学校であっても先生によって「見守る派」と「登校のための刺激を与える派」で異なり、さらには細かい配慮に対応してくれる人、してくれない人など様々で...
2015.09.19
小学生の不登校

中学生の家庭教師:不登校経験者が理想的

不登校が長期化した場合に、勉強をどうするかという問題が出てきます。特に高校受験を控えた中学生の勉強では、不登校が長期化した時に大きな心配となります。 そこでなんとか勉強のサポートをお願いしたいということで、家庭教師を頼む親御さ...
2015.09.20
学校への対応

保健室登校の味方!養護教諭の不登校対応

養護教諭と言われるとピンときませんが、いわゆる保健室の先生ですね。保健室登校をしているときに関わりあいを持つので、そういった生徒・児童にどのように対応すべきかがここの論点となります。
2015.09.19
学校への対応

学校対応:担任の家庭訪問の留意点と頻度についての実例

不登校の子供と学校との間に立つ親が学校対応で気をつけたい家庭訪問について実例を紹介します。 親の立場、学校の立場、そして不登校になっている本人の立場など、色々な角度から考えなければいけないので一口に○○すべきとは簡単には言えま...
2015.09.19
タイトルとURLをコピーしました