小学生の不登校

小学生の不登校の対応:将来の生活を不安に思う心配はない

小学生で不登校だとこの先どうなってしまうのかと心配で心配でしょうがないと思います。しかし、冷静になって考えれば、もっと長期的に広い視野で対応を考えてみるのも重要です。
2015.09.20
高校生の不登校

高校生の不登校と親の対応:NG対応は子供への正論攻撃

高校生の子供が不登校になってしまった、どのような対応を取るべきか悩んでいる親に向けて、この記事を書きました。 悩み苦しむ子供をなんとか救ってあげたいけれど、厳しいことを言うべきなのか、そっとしておくべきか…。学校に行けないまま...
2017.11.19
不登校の定義

文科省の不登校の定義の基準日数は30日

文部科学省による不登校の定義の中で最も重要視されるのが、年間の欠席日数が30日という基準です。 ただ欠席理由による定義も行われており、さらにはその定義も一度留意事項として変更点が加えられています。
2015.09.19
不登校の原因

子供に聞いても理由を言わない・分からないと言う本当の事情

学校に行けない理由は何か?なぜ行けないのかを中学生や高校生の不登校の子供に聞いても理由が返ってこないことがあります。その裏側にはどんな背景があるのか、経験者が語ります。
2015.09.19
不登校の原因

原因は何かの病気?と疑いすぎるのもよくありません

不登校になる子供は何かの病気にかかっている訳ではありません。無闇に病気だなんだと騒ぐ必要はありませんが、うつ病や自律神経失調症、統合失調症、起立性調節障害など気を付けるべき病気もあります。
2015.09.19
不登校の原因

担任教師が原因で不登校になった実例4つ

学校の先生、教師との関係が原因で不登校になった実例を紹介。先生も人間なので完璧は求められませんが、明らかに教師が悪いケースも世の中には存在します。
2015.09.19
小学生の不登校

小学校低学年での不登校の原因:家庭環境や親子関係に要注意

基本的に私は「不登校の原因と親の教育は無関係」という考えを持っています。このスタンスに変わりはないのですが、唯一注意してきたいのが小学生、特に低学年での不登校です。 小学校低学年での不登校は割合的にはそれほど多くありません。そ...
2015.06.08
不登校の原因

不登校の原因が母親の責任とは言えない理由

不登校の原因と母親の教育、育て方について後悔をしすぎないでほしいと思います。よほど極端な教育方針でなければ不登校の原因とは無関係です。ただ、不登校をきっかけに親子間関係を見直すきっかけにはしてほしいと思います。
2015.09.19
不登校の定義

文部科学省の調査統計の原因分類5パターンについて

文部科学省による不登校の原因の5つの分類パターンを紹介。1997年当時のものと比較してみると、その原因の変化がわかります。ただ、その分類はやや強引さがあるのも事実です。
2015.09.19
親や家族の対応と接し方

子供に「学校へ行かなくてもいい」と言う重要性を経験者が語る

学校に行きたくないという子供に、親が行かなくていいよと言うのはとっても大事。なぜなら、そっちの方が不登校の解決が早いからです。その重要性を不登校経験者の立場から解説します。
2015.09.19