不登校の定義

登校拒否と不登校の違い定義変遷の流れ【学校恐怖症】

学校に行けなくなった子供の状態を指す言葉に、登校拒否と不登校という2つの言葉があります。 人によってどちらの表現を使っているかは変わりますが、一応その言葉が意味しているものにはきちんとした違いがあります。
2015.09.19
中学生の不登校

中一ギャップで不登校…思春期の魔のタイミング

不登校が急激に増加するタイミングというと、それは間違いなく中学1年生です。 小学校と中学校では環境が大きく変化しますから、その変化に適応しようと努力していった結果疲弊してしまい、ある日突然緊張の糸が切れてしまうことがあります。 ...
2015.09.20
小学生の不登校

不登校状態にある小学生の中学進学と卒業

長く不登校状態にある小学生でも、日本の義務教育では間違いなく卒業できます。大半のケースでは欠席日数と成績を問わず卒業を認める措置をとることが現状では大半です。 しかし、法律上は校長の判断で留年措置をとることも可能といえ...
2015.06.14
親や家族の対応と接し方

不登校の登校刺激のタイミングと与え方【経験者が思う適切な考え】

登校刺激の内容については、「不登校中の登校刺激の注意点」という記事で解説していますので、この記事では、その刺激の与え方とタイミングについて考えます。 まず重要な前提として、不登校の段階によって登校刺激の与え方は変わるということ...
2015.09.19
親や家族の対応と接し方

登校刺激とは具体的にどんな注意点があるか

不登校に関して色々な情報を集めていくと、「登校刺激」という言葉を目にすると思います。登校刺激とはその名の通り、登校をするよう本人に刺激を与えることです。 ただ、一般的なイメージでは「不登校を無理やり」とか「強引に」とか、嫌がっ...
2015.09.19
中学生の不登校

中学生の不登校原因は母親ではない【確信あり】

不登校の原因は親にある。私はこの意見には反対です。なぜなら、個人的な不登校経験はもとより、数多くの事例を書籍などで目にしてきた結果、どう考えても親だけに原因を押し付けるには無理があると感じたからです。 「子どもが学校にいけなく...
2015.09.20
中学生の不登校

中学生の不登校原因、きっかけは友達・友人関係が多い

中学生の不登校のきっかけ・原因で外すことはできないのがいじめです。中学生年代の子どもは残酷です。おそらく大人以上にやり方が陰湿だったり、残酷だったりします。 この年代は思春期ですし、異性の目も気になります。大人からすればささいなことで...
2015.09.19
不登校の原因

理由がない・分からない不登校の正体【経験談】

不登校には小学生、中学生、高校生と様々な年代で各々に背景がありますが、特に中学生年代に多く見られるのが原因不明の不登校です。 親は子供に学校に行けない理由や行きたくない理由、原因を問いただしますが、特にこれといったものはない模...
2015.09.19
小学生の不登校

義務教育下の中学校・小学校で留年はない

中学校でほとんど出席日数がなく、勉強も出来てない場合に、中学校での留年があるかどうかということを心配される人もいるでしょう。 あるいは、学校側から条件を突きつけられて、その条件を満たせなければ留年させると言われ、慌てふためくケースも有...
2015.09.19
中学生の不登校

不登校に悩んだ場合の相談・支援先まとめ

なぜうちの子が不登校に?という受け入れられない現実を目の前にして、途方に暮れる親も少なくありません。 特に不登校が始まる初期段階においては家庭は混乱し、夫婦間の関係も険悪になったり、家の中にはどんよりと暗く重たい空気が流れるこ...
2015.06.14
中学生の不登校

【経験談】中学生に対する親の対応と接し方【完全版】

中学生での不登校数は今やクラスに一人という割合です。不登校になり始めの初期では各家庭で混乱と暗い雰囲気が蔓延していることと思います。 学校にいけなくなってしまった子供の存在が悩ましく、また救ってあげたい一心でも厳しくすべきなのか、どう...
2015.09.20
小学生の不登校

不登校の小学生は勉強しないと余計に学校に行けない

何らかの理由で学校にいけなくなった場合に、気になるのが勉強の遅れです。親としてはまず学校に復帰してくれるのが一番の願いでしょうが、そのためにとりあえず休ませて入るものの勉強面が心配になってきます。 小学生に限らず、中学生でも高校生でも...
2018.10.22