高校生の不登校

中卒/高校中退から就職する方法:正社員求人の探し方、おすすめサイト

当サイトは不登校をメインテーマにしたサイトです。高校生の不登校を語るとき、どうしても避けて通れないのが高校中退です。 この記事では、高校中退/中卒からの主な就職先、そして正社員での就職先の見つけ方について紹介しました。 ...
2019.09.21
高校生の不登校

子供が高校中退…【絶体絶命のピンチ】に必要な親の対応とは?

子供が高校中退することになった、あるいは既にしてしまった。その時に、親はどんな対応とる必要があるのか?実際に高校を中退し、親のサポートを受けて立ち直ることが出来た経験がある私が、解説します。 はっきり申し上げて、高校中退はダメ...
2017.11.20
高校生の不登校

【経験者が語る】高校中退のメリット・デメリット

高校中退のイメージってすごく悪いです。それこそ、高校中退=人生終わり・人生終了というような、極端な考えを持つ人もいますが、私の場合は高校中退が良い方向に働きました。決して強がりでも何でもなく、高校中退してよかったと思っています。 ...
2017.10.30
高校生の不登校

高校中退→通信制高校/高認→大学卒業した人の就職は不利?

高校中退してから通信制高校を卒業、あるいは高卒認定試験を受けて、4年制大学、専門学校、短大などに進学した場合でも、やはり高校中退の経歴があると、就職で不利になるのか? この点をとても心配する人が多いですが、一般的な就職面接で重視される...
2018.06.04
中学生の不登校

不登校中学生の通知表の所見と評定:テストだけ受ける?受けない?

不登校で学校に行かなくなると、当然通知表の評価という点で非常に難しい問題が起きます。 問題の本質は子供がどう不安と向き合い、立ち直るかという所にあるのですが、親はそれよりも通知表や進路のことが気になってしまいます。 前提としては...
2015.09.19
不登校の原因

子供が不登校になる本当の理由と原因

小学生、中学生、高校生、どの年代においても不登校は誰にでも起こりえます。 そんな学校へ行こうとしない、行けない子供の姿を見て親はオロオロし、原因を探そうとします。 子供から根掘り葉掘り聞き出そうとしますが、子供は中々話し...
2017.07.04
学校への対応

国が施す不登校対策:教師、学校対応、文部科学省に疑問

1975年あたりから急激ん増え始めた不登校に対し、国(現・文部科学省)も対策を取ってきています。かつては不登校ではなく登校拒否といって、不登校の定義の意味も文部科学省で変遷がありましたが、今では「どの子供でも起こりうること」として認識を改め...
2015.09.19
克服・解決体験談

不登校から大人になったら…その後の人生は驚くほど逞しい

不登校経験のある人が成人し、仕事をし始め、その後どんな人生を送っているのか。 今不登校の子供を抱えて不安と絶望、限界の淵に追いやられている人からすると、明るい未来はなかなか見えてこないかもしれません。 しかし、はっきりと言えるこ...
2017.06.27
克服・解決体験談

不登校の経験を活かす職業:教員、不登校新聞…etc

過去に不登校の経験のある人は、この世の中に五万といます。 不登校(登校拒否と過去に呼ばれた時代から)が急激に増え始めたのは1970年代~80年代。それ以降、毎年増え続けてきました。 不登校の経験のある人は今の世の中をきちんと、そ...
2017.06.27
不登校の外部支援

フリースクールの問題点:出席日数稼ぎや学校復帰

フリースクールには運営やお金の面でもまだまだ課題がたくさんあります。 不登校という側面から見たフリースクールの役割は学校以外で子供の居場所を作ることです。 しかし、フリースクールが徐々に出席扱いを受けるようになったことに対して、...
2017.06.27
不登校の外部支援

フリースクールとお金:授業料金+通学定期券の合計費用は?

フリースクールは適応指導教室と違って通うのにお金がかかります。 一般的な相場はフリースクールの規模によって大きく違いますが、通学定期券発行の有無も考慮すると、一か月にかかるお金は決して小さくありません。 大手フリースクー...
高校生の不登校

高校生の起立性調節障害/高校中退、留年が近づいてきたら…

高校生で起立性調節障害になった…。 学校に行くべき気持ちはあるけど、身体が言うことをきかず、出席日数がいよいよギリギリ。中退や留年が見えてきている…。 この記事ではこのような状態にある方々、特に子供のご両親に向けて記事をまとめま...
2020.02.13
タイトルとURLをコピーしました