不登校中の小学生の勉強問題…勉強法はどうするのがいい?

不登校の状態が続くと勉強の遅れがやはり気になってきます。不登校といっても数週間~数か月ぐらいであればなんとでもなるという印象ですが、やはり親や家族としては心配でしょう。

また、数年単位の不登校となると勉強の遅れではなく、抜け落ちた勉強期間となりますから、悠長に構える訳にもいきません。ここでは小学生の不登校と勉強の遅れに関して、どのように対処すべきかを考えます。

スポンサーリンク

小学校での不登校で勉強が遅れることの弊害

03f467ce76d5db64e25711ed506be302_s-minまずそもそも論として、学校で行うべき勉強がわからず、授業を受けていないことに対する弊害は何でしょうか?

将来受験に困る、学校に戻ってから勉強がわからないとまた学校に行けなくなる、本人が将来困るなど、様々あるでしょう。

私が思う小学校での勉強が抜け落ちてしまう弊害は、「勉強が出来ない事で自分への自信を極度に失う事」だと思っています。

学校に復帰しても、中学に進んでも、こんなこともわからない、基本すらわからない、という恥ずかしさで自分を卑下したり自分への自信を極度に失うというのが最も憂慮されるべきことです。

その自信のなさゆえに人生の幅を狭くしてしまう事態は最も避けたい部分です。

勉強の遅れを取り戻す手段と選択肢

一般的に考えられる勉強の遅れをカバーできる選択肢は下記のようなものでしょう。

  • 家庭教師
  • 通信教育
  • フリースクール
  • 適応指導教室

家庭教師については「不登校対応の家庭教師の探し方」で詳しく紹介しています。他にも、地域にあるような小さな個人塾、ベネッセの進研ゼミなどに代表される通信教育なども考えられます。

ただ、小学生の場合勉強のために自分から進んで机に向かう子は稀です。

親がやかましく言うのも気が引けるし、しかも本人に勉強しなければいけないという明確な目的もないので、通信教育でマイペースに勉強できる子は少ないかもしれません。

最も理想的なのはフリースクールか適応指導教室か

私は不登校時代にこのような場所は利用したことがないのですが、色々な書籍や経験談を聞いているとフリースクールや適応指導教室は利用価値が十分にあるようです。

自分が利用していないのに他人に薦めるというのは説得力がないのですが、様々な経験談では前向きな意見が多く、これは無視できません。

フリースクールや適応指導教室のような所は学校に行かなくても出席扱いになるところが多いです。

また、そこに通うのは同じような境遇の子も多く、友人が出来たり楽しく遊ぶ時間が増えたりと言ったこともありますし、そういった子供の対応を専門にしている教職員も多い分親としては安心という特徴があります。

学校は怖いし行きたくないけど、フリースクールや適応指導教室で自分の居場所を見つけた子供も多くいますから、もし不登校が長期化してしまっている場合や引きこもり状態を何とかさせたい場合、社会性に不安を感じている場合はこれらの場所を利用する価値は十分にあると言えます。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加