子供が不登校になったら…魔法の脱出解決方法はないことを知る

子供は不登校になったら、1日でも早く立ち直り学校に行けるようになってほしいと親は思うと思います。

あるいは、長期化した不登校になってしまって親である自分がもう限界を迎えてしまったら、それをすぐに解決できる方法を探すと思います。

しかし残念ながら、不登校をすぐに解決できる魔法の方法はこの世の中にはありません。

不登校の解決、子供の立ち直り、引きこもりからの脱出を願うのであれば、その第一歩は不登校には魔法の解決方法がないことを知ることです。

スポンサーリンク

子供が不登校になったら…すぐに効果のある解決方法はないことを知ろう

あなたを絶望の淵に追い落としたいわけでも、精神的にもっと追い込んでやろうなんて思ってこんな事を書いているわけではありません。

しかし、真実である以上この事実を受け止めることは避けて通れません。

不登校は全国的な広がりを見せています。これを「問題」とするかは個人の判断に委ねられますが、文部科学省によれば不登校状態にある生徒数は想像以上に多い事実があります。

中学生では8万人以上でおよそ一クラスに一人、小学生では2万人以上います。

不登校を解決できる特効薬があれば人数は減少しているはず

不登校の人数がこれだけいるということは、不登校の子供を持つ親がそれだけいるということになります。

不登校の解決を望む人数がこれだけいるにも関わらず、残念ながら根本的な解決には至っていません。

つまり、不登校をすぐに解決できる魔法の方法があればこれだけの人数の不登校はあり得ないことになります。

グラフ資料すぐに不登校を解決できる魔法の方法があればこんな人数に膨れ上がる前に食い止めているはずです。最近は人数こそ減少傾向にありましたが、残念ながら再び増加を示してしまいました。

さらに、人数の低下はあっても背景には少子化があります。不登校人数ではなく不登校の割合で比較すれば、もしかすると「不登校生徒の出現割合」は増えているかもしれません。

不登校の原因と背景は人数分だけある→解決方法も人数分だけある

勉強熱心な方は不登校関連の書籍を色々と読んでみたり、専門家やカウンセラーに話を聞いたりいろんな努力をされているかもしれません。

そのような方はすぐに気づくと思いますが、子供が不登校になる原因や背景は実に様々です。

私が読んだ書籍の中で非常にうまい表現だなと思ったのが「不登校の原因と背景は人数分だけある」という文言。

これは実にその通りで、もう少し言い方を拡げると「その解決方法も人数分だけある」と解釈できます。

世の中にたった一人しかいない我が子に合う方法を考えてみる

世界でたった一人しかいない愛する子供に、ありもしない魔法の解決方法をすがることは、重要な事から目をそらして現実逃避しているだけです。

あなたの子供はこの世の中にたった一人しかいない独立した人間ですから、その子供に合う解決方法を家族で一緒に探していくしか無いのです。

その覚悟もなく、ありもしない「魔法の特効薬と解決方法を誰かが必ず持っているはずだ」と外部に依存していては、子供を余計に苦しめるだけです。

By: Zaqqy

あなたが不登校の子供を持つ親であるのであれば、今あなたがすべきことは「目の前にいる子供を見つめて、その子供の周囲にある苦しみを解いて、子供の将来を一緒に考えてあげること」です。

難しい問題かもしれませんが、だからこそ目の前にある当たり前のことをアタリマエにすることが大切だと思います。

不登校の解決は学校復帰とは限らない

不登校に直面する子供にとって本当に重要な事は、学校に戻ることでも、家庭内に平和を取り戻すことでも、親の心労を緩和することでもありません。

本当に重要な事は、子供が将来精神的・経済的に自立するために、今どんなことを子供が学ぶ必要があるかを考える事です。そのために、年齢相応の学力を身につけ、他者との関わりあい、コミュニケーションを学ぶ機会が必要になります。

現状、それらを最も効率的に学べる場所が学校になりますが、別に学校以外の場所でそれが身につくのであれば、極論を言えば学校にいく必要はないのかもしれません。

そのために、今直面している不登校をどういう角度で解決すべきか、どういう状態を解決とみなせばよいか、そのために何をすべきか、子どもとどう接してどう支えてあげるべきか?どんな選択肢があって本人は何を望んでいるか?

それらを子どもと一緒に考えて実践し、支えてあげるのが親の役目だと私は思います。

こういったアタリマエのことをアタリマエに出来ていれば、不登校の将来は決して暗いものではないことは、今までの数多くの事例が示してくれています。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加