意外と安い?通信制高校の学費平均【公立・私立で費用比較】

通信制高校の学費ってどのくらいなのか?私立だと高額なのか?

事情を知らないと、不安が不安を呼ぶと思いますが、私立の全日制高校に比べれば、私立であれ通信制高校の学費のほうがずっと安いです。一部、専門的な勉強できるようなサポート校に入学すれば学費は高騰しますが、すべての生徒にサポート校は必要ありません。

また、公立は授業料が無料のため費用は格安で済みますが、その分学習環境が粗悪な学校も多く、中退率も非常に高いので、高校卒業を目指すための学習環境としてみるのなら、私立の通信制高校をおすすめします。

私立の通信制高校でも学費が安いところはありますし、学費補助が出る国の制度、就学支援金制度を利用すれば、学費の負担も減るので、ぜひ今記事を読んで通信制高校の学費のイメージを掴んでもらいたいと思います。

スポンサーリンク

公立の通信制高校の学費平均

通帳と1万円札5枚

公立の通信制高校の授業料はなんと不徴収、つまり無料です。2010年度から授業料が無料になり、必要なのは入学金、スクーリング費用、教材費、設備利用費ぐらいになりました。

各学校で学費の詳細は違うのですが、東京都立3校の平均で行きますと、学費の目安は以下の通りとなっています。

  • 入学金:500円
  • 授業料:0円
  • その他(教科書など):19,000円

これに月に1~2回のスクーリングのための交通費、レポート提出のための切手、郵便代が別途かかるぐらいです。全国的にみても、1年間でかかる費用の平均はおよそ2万円~3万円程度なので、まさに激安です。

私立の通信制高校の学費平均

続いて私立。代表的な通信制高校、25校の平均をとった数値をみいていくと、

  • 入学金:26,000円
  • 授業料:80,000円
  • 施設設備費:33,000円
  • その他:55,000円
  • 合計:194,000円

少し古いのですが、学びリンクから出版されている「通信制高校があるじゃん!」の2014-15年度版にある「入学初年度の学費の目安」の項より引用しました。

私立といえど、必要最低限のことだけで済まそうと思えばこれぐらいで済んでしまいます。私立の全日制高校の年間の学費平均はおよそ70万円なんで、それに比べれば安いですよね。

また、2014年度より世帯の収入に応じて学費補助が出る就学支援金という制度があります。詳しい内容は後ほど説明しますが、世帯年収が910万円以下であれば、何らかの補助が出るはずです。

サポート校の学費平均

通信制高校での学校生活の風景と様子

続きまして、サポート校の学費について。サポート校は通信制高校とは別になっている学校もあれば、私立の通信制高校の中にサポート校機能が付いているところもあります。

通信制高校のコース+週に1日、2日登校コースとか、プログラミング、芸能、大学進学コースなどプラスで他のコースを併設しているところは、全てサポート校が併設されている高校です。

このサポート校に通う場合の学費は週に何日登校するかによって変化し、サポート校単体での平均をとると

  • 1日コース:280,000円
  • 2日コース:390,000円
  • 3日コース:548,000円
  • 5日コース:785,000円

となっています。これプラス上で紹介した通信制高校の学費が別途かかります。

あくまでサポート校+通信制高校を別々で通う場合の学費平均なんで、サポート校機能が併設されている通信制高校であればもっと安い学費で通える学校もあります。

サポート校とは塾のようなとこ!通信制高校とサポート校の違い」でも書きましたが、個人的にはサポート校は別に通う必要はないと思っています。よほど専門的な勉強をしない限りは必要ないし、もし通うにしても私立の併設校で週に1日、2日の登校コースだけで十分です。ちなみに、サポート校には通わない生徒もたくさんいます。

世帯収入に応じ学費補助がでる就学支援金について

高校授業料無償化から始まった制度で、現在は就学支援金という名前の別制度になっています。高校の授業料負担を減らすための国の制度で、通信制高校もその対象です。

支給額は公立、私立問わず1単位あたり4,812円、1単位×◯◯円ではなく授業料いう形で徴収している通信制高校の場合は、月額9,900円です。ちなみに、支給額は授業料との相殺が目的なので、授業料以上の額を支給されることはありません。

この制度の対象は世帯年収で約910万円以下の家庭が対象で、保護者の収入が低い場合は上記の支給額からさらに1.5~2倍の支給も出来ます。私立の通信制高校は学費が高いですが、この就学支援金を利用すれば負担額は一気に軽減できるという訳です。

私立の方が学費は割高だが卒業を目指す環境は抜群

卒業証書と桜

学費だけを見れば公立が魅力的ですが、学ぶための環境という観点で見れば、圧倒的に私立がオススメです。公立は本当に自学自習で、学校側からのケアもないし、入学後はほぼ放置プレーと言って良い状態なんで、公立の通信制高校は中退率もバカ高いんです…。

私立はそういう公立のデメリットを補う為にあり、生徒の面倒見も非常によく、施設、設備、あるいは学校行事、友達づくり、勉強面でのサポート、心理ケア、質問体制などが非常によく整っています。

もちろん、全ての私立の通信制高校が素晴らしいとは言えませんが、やはり公立より卒業できる人の割合は圧倒的に多いです。資料やパンフレットを請求してみて、気になった学校に見学に行って、雰囲気をぜひ掴んでみてください。

学費の面で心配だ、という人もいるでしょうが、就学支援金もありますし、私立と言えど学費が安い通信制高校もたくさんあるので、「通信制高校での卒業」にこだわるのなら、私立の通信制高校も検討してみてほしいと思います。

〔参考〕

都道府県別で検索!自宅近くの通信制高校の資料を請求


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加