通信制高校の学費の平均【私立・公立比較】

通信制高校というと学費がバカ高いというイメージがあるかもしれませんが、公立であれば卒業までの費用を安く抑えられます。

子供の将来も確かに重要だけど、親の立場として学費が気になるのは当然です。

スポンサーリンク

通信制高校の学費:公立・私立の3年間の比較

学費と言うのは当然、その学校によって違うのですが、やはり公立の方が断然安いです。

公立だと3年間在籍して卒業するまでに10万円もかからないという場合もあり得ますし、私立でも補助や支援金が対象になってほぼ授業料ゼロ~100万円以上など、各家庭の経済状況によってピンキリです。

ここで紹介する学費はあくまで高校卒業のための最低限のカリキュラムであることを前提としています。サポート校を利用した場合の学費計算ではないので、その点は注意してください。

公立の通信制高校の学費

学費が安いことが魅力の公立の通信制高校ですが、調べてみてびっくり!2010年度から公立高校の授業料は不徴収、つまり無料になりました。

公立の通信制高校は授業料がかからないので、入学金と教科書、設備利用費などの諸費用だけで済みます。

詳細は各学校によって変わってきますが、「通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版」という書籍で紹介されていた入学初年度に必要な学費のケースだと、

  • 入学金:500円
  • 教科書代:19,000円

の合計19,500円のみです。卒業までには教科書代や交通費、レポート提出のための郵送費ぐらいでしょうか。

他の書籍で紹介されている例をみても、だいたい年間通して1万円~2万円程度で済んでいます。公立の通信制高校の授業料はまさに格安ですね…。

私立の通信制高校の学費平均

またも「通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版」で紹介されていた例なのですが、広域制通信高校25校の平均を取った入学初年度の学費事例があるので、引用して紹介したいと思います。

世帯年収に応じた就学支援金が対象であれば、卒業までの3年間で20万円以下の学費しかかからないというケースも、十分あり得ます。これはなかなか魅力的です。

  • 入学金:26,000円
  • 授業料:80,000円
  • 施設設備費:33,000円
  • その他:55,000円

合計194,000円

通信制高校があるじゃん! 2014~2015年版 P79より引用

入学初年度には入学金がかかるので、それを除いた金額を3年分で計算すると、卒業までにかかるのはおよそ50万円。

これに世帯年収910万円以下の家庭であれば就学支援金が出ます。さらに、各都道府県にある学費減免措置などが適用されると、さらに下がります。

大阪府であれば年収に応じて私立でも授業料がゼロ近くになることも。

就学支援金が適用された場合の私立の通信制高校の学費

私立の通信制高校の場合、就学援助金で1単位当たり4,812円の負担軽減になるので、卒業までの74単位で計算すると約35万円の負担が軽減されます。

世帯年収に応じて4,812円が1.5倍~2倍まで拡大されるので、私立の通信制高校であれ実際に支払う金額は20万円以下というケースも珍しくありません。

1単位あたりの授業料は学校によって違うので一概には言えませんが、私立の通信制高校として有名なクラークなんかは1単位8,000円なので、支援金が出ると1単位3,188円が授業料。

それを72単位なので、約23万円+入学金その他になります。

学費だけを見れば公立が魅力的だが私立の方がサポートが充実

writing-828911_640-compressor

公立の通信制高校は学費が安いのが魅力です。ただその一方で学校の規模が比較的大きいため、一人ひとりの面倒見やサポートが充実していません。

しかも卒業までのレポート提出やテスト勉強、スクーリングなどすべてを自分で組み立てて計画し、実行していく自主性が求められます。

私立の場合は学費がやや高騰しますが、サポート面が非常に充実しています。施設の面でも教師の質も高いので、3年間卒業までしっかり面倒を見てくれるという利点があります。

一般的に公立の通信制高校の方が年齢層が高めで、二十歳以上で既に働いている方が多く通っているのも特徴でしょう。

私立の場合はまさに高校生年代の人が通っているケースが多いようです。

不登校や高校中退、進路変更などで通信制高校に通おうと考えている人の場合、同世代の友人が多くできる私立を選ぶ人が多いです。

サポート校を利用する場合はまた別の学費が必要

サポート校を利用する(あるいは、サポート校が併設された私立の通信制高校に通う)方法もありますが、そうなると学費もまた別に必要ですし、専門学校のような特殊な勉強ができるコースを選ぶと、それに準じた学費もかかります。

いずれにせよ、学費は公立の方が確かに安い。高校卒業までの最低限のカリキュラムなら私立でもバカ高いという訳ではなさそうです。

ただ各家庭の所得状況、私立の各学校の授業料、そして選択するコース、サポート校の有無で大きく変動する、というのは覚えておいた方が良さそうですね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加