通信制高校と定時制高校のどっちが良いか?違いは通学自由度

全日制高校からの転校、中学校からの新入学で通信制高校と定時制高校の2つのを進路先に検討している方に、定時制高校と通信制高校の制度、仕組みはもちろん、属性の違いなども含めて解説します。

結論を先に行っておくと、通信制高校と定時制高校のどちらが良いかはその人次第。あくまで制度や仕組み、特徴の違いが自分に合うかどうかです。

スポンサーリンク

通信制高校と定時制高校の違いは自由度…どっちが良いかはその人次第

2つの高校の違いを一つ上げるなら、「時間と場所に縛られるかどうか」です。基本、定時制高校は校舎があって、そこに通学し、授業に出席してテストを受け、単位を取得します。

通信制高校はレポート課題、単位認定試験、スクーリングの3つをこなして卒業を目指すため、通学はなしでもOK(年に数日のスクーリングと言われる授業出席は必須)。

通信制高校なら通学の頻度もキャンパスもスクーリングの頻度もいろんなコースの中から自分で決められますが、定時制高校はそこまでの自由度はありません。

定時制高校の仕組みと特徴

定時制高校の特徴は次の通り。

  • 卒業まで4年、もしくは3年。
  • 午前、午後、夜間それぞれ4時間の授業(組み合わせも可)
  • 学年制と単位制の所がある
  • 時間(出席)と場所の制限を受けるのが定時制
  • 不良や暗いと言われる子供の2極化
  • 昨今は私立の進出が多く、昼間の定時制高校もある
  • 宣伝露出が少ないため、情報が少ない
  • 各都道府県や地域で調べるのが現状ベスト

最近は私立の進出もあり、全日制と同じ学年制のところと通信制高校と同じ単位制のところ、昼間部、夜間部などいろんなコースが用意されています。以前は4年で卒業でしたが、法改正があってからは3年で卒業することも出来ます(転校の場合は前の在籍年数、単位も引き継ぎ可)。

しかし定時制高校の特性上、日々の授業出席が必要であること、全国から生徒を集められないことの事情もあって、生徒募集は各地域に絞られています。宣伝や広告には消極的なので、通信制高校ほど多くの情報はありません。

最寄りでどんな定時制高校があるか知りたい方は、それぞれの自宅近くにどんな学校があるかを自分で地道に調べていくしかありません。

通信制高校の仕組みと特徴

一方、通信制高校の特徴です。

  • 卒業要件は74単位・レポート・定期試験)
  • 最低3年在籍で卒業(年数・単位は引き継ぎ可)
  • 留年はなく3年で卒業要件さえ満たせば卒業可
  • 時間と場所の制限を受けない
  • 通学スタイルや頻度、コースも自由に選べるのが通信制高校
  • 生徒獲得に熱心で、広告にもお金を欠けている分、情報を集めやすい
  • 全国に進出している通信制高校も多い

通信制高校は場所と時間に縛られない為、全国から生徒を募集できます。広告や宣伝にも積極的で、ネットや書籍でも多くの情報が出回っています。

通学スタイルや頻度も自由に選べますが、その分自主性が求められます。時間に余裕がある分、専門学校と提携して専門分野を同時に学ぶことも出来ます。

どっちが良いかはその人次第だが、まずは正確な情報収集を

P_20160110_173245

一番の近道は、気になる学校をネットで洗い出し、片っ端からパンフレットを請求してみることです。

情報が探しにくい定時制高校は「地域名+定時制高校」や「地域名+定時制高校+昼間」などいろんな語句を織り交ぜて検索するか、学校経由で情報を提供してもらうのが近道かと思います。

通信制高校はネットで検索すれば山のように情報が出てきます。「通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版」などのガイドブックを利用してもいいですし、現在の状況(中学〇年、高校在学、中退、留年など)と自宅エリアを選択して、入学資格のある通信制高校を一括資料請求できる、下記記事で取り上げたサイトを利用してもいいでしょう。

→→ 自宅近くの通信制高校を一括資料請求【画像付き解説】
いずれにしても、まだどの進路にするかを決めかねている状況なら、地道に情報を集め、資料請求でその都度確認していくのが遠回りに見えて一番確実かな、と思います。

学校側が配布しているパンフレットや資料には定時制高校、通信制高校の仕組みや特徴も詳しく書いてありますから、進路選びには大きなアドバンテージになるはずです。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加