高校中退→通信制高校/高認→大学卒業した人の就職は不利?

スポンサーリンク

高校中退してから通信制高校を卒業、あるいは高卒認定試験を受けて、4年制大学、専門学校、短大などに進学した場合でも、やはり高校中退の経歴があると、就職で不利になるのか?

この点をとても心配する人が多いですが、一般的な就職面接で重視されるのは最終学歴なので、不利も影響もありません。

通信制高校卒という経歴も、高校中退、高卒認定試験の経歴も、面接の場においては参考材料にはなるでしょうが、それだけで有利、不利という重要な事柄にはならないです。

今まさに、高校を中退せざるを得ない状況で悩んでいるのなら、まずは通信制高校に転入したり、高卒認定試験を受けて、最終学歴を更新することをオススメします。

 

スポンサーリンク

高校中退→高卒認定試験or通信制高校卒→大学の人でも就職で不利になるのか?

履歴書に記入するところ

最初に書いた通り、一般的に4年制大学や専門学校、短大に進学していれば、通信制高校という経歴はあまり関係ないです。最も重要なのは最終学歴だからです。

通信制高校が最終学歴、あるいは高認試験に合格したけど進学せずに学歴が中卒のままだとちょっと心許ないですが、その後に進学しているのであれば、過去の経歴だけで不利になることはないです。

通信制高校卒であれ、高校中退から高認試験を取った人であれ、最終学歴が一番大事です。

これらの経歴を持っている人でも、大企業や公務員、警察官、看護師、保育士、美容師など、多種多彩な職業についている人は全国にたくさんいますので、心配はご無用です。

 

高校中退から大学へ進学した私の就職活動

私は高校中退→高認試験(当時の大検)→大学と進んで就職活動をしましたが、無事に内定も貰えたし、特に不利を感じたことはありませんでした。

この経歴を珍しがられたりすることはありましたけども、私が通っていた高校がバカ高校だったんで、大学のレベルが高かった分、そのギャップに驚く面接官も多かったです。

私が就職活動をしたのは、100年に1度の未曾有の危機と言われたリーマンショックの直後でしたが、日本を代表する大企業(分かりやすいところではTOYOTA、三井物産、三菱商事、SONY、日立製作所、メガバンクなど)の選考もバンバン進みました。

これらの大企業からは最終的に内定は貰えなかったのですが、最初から採用する気がないなら書類で真っ先に落とすだろうし、本社面接まで進むはずがありません。面接では高校中退のことは聞かれましたけども、それよりも、もっと他のことの方が評価対象になっていた印象です。

だから、最終学歴や他のアピールポイントが大事だけど、途中の経歴はさほど気にしなくて良い、というのが個人的な印象です。

 

高校中退するか迷っている方は大学などへの進学をオススメする

記事の最初でも書きましたが、今まさに高校を辞める、辞めないの瀬戸際にあるのなら、通信制高校への転入か、高卒認定試験を受けて大学などに進学すれば、就職での不利は避けられるはずです。

 

そもそも就職面接で見られるのは仕事の能力よりも協調性

面接をするスーツ姿の男性

そもそも、企業は協調性と忍耐力があるのかを見ています。

先輩、上司、お客さん、取引先、同僚などと上手く人間関係を築き、個人プレーに走らずに仕事ができる人か?嫌なことがあっても途中で投げ出さずに最後までやり遂げるか?という点を面接で見られます。

だから、高校中退のこと、通信制高校のことを聞かれたときに、この忍耐力や協調性の部分で不安を与えてしまう返答をすると、面接での評価は難しくなります。

 

なぜ、通信制高校を選んだのか?なぜ高校を中退したのか?を聞かれたらどう答えるか

PlanA,PlanB,PlanCの看板

なぜ高校を中退したのか?通信制高校に入ったか?というのは、面接の何処かで聞かれると思います。その時に、「人間関係が上手く行かなかったから」、「高校(中学)で不登校になってしまったから」、「全日制高校が嫌になったから」など、正直に言えば評価を下げてしまう場合もあるでしょう。

そういう場合は、ある程度正直に話しながらも、今現在はそれを反省し、成長して乗り越えたというエピソードで話してしまう、というのが無難です。

例えば、当時は学校に馴染めなかった、高校受験前にもっと下調べして、自分と合う校風なのかどうかを調べるべきだったが、それを怠ったせいで痛い目に遭ってしまったことを反省している。

しかし、その経験を活かして大学や専門学校の入学は慎重に、学校見学も何度も行って決めて、結果うまく馴染むことができた。進学後はアルバイトやサークル、部活など、多くの人と関わりながら、何かをやり遂げる経験があると、より良いですね。

逆に、離す内容のほとんどが誰ともかかわらず自分1人だけで完結してしまう話とか、一匹狼的な事柄のアピールばっかりだと、面接は不利です。

だから、通信制高校卒、高校中退経験者という経歴だけで不利になるんじゃないか?と不安がっているのなら、それを帳消しにできる強み、アピールをこれから自分で作っていけば良いのです。

 

まとめ

長々と書いてきましたが、基本は最終学歴が重視されるので、通信制高校とか、高校中退しているから、というそれだけの理由で書類で落とされることはないです。

ただ、面接で過去の経歴について聞かれた時に、間違った返答をすると、自分で自分の首を絞めてしまうことがあるので要注意。特に、協調性と忍耐力の部分ですね。

このように、自己アピールの仕方で、自分の力で有利にも、不利にも出来てしまうということを忘れないようにしていれば、就職先が全く見つからないことはないはずです。