就学支援金が出る通信制高校:制度の仕組みと活用法

通信制高校選びで学費は超重要事項です。通信制高校には就学支援金という制度があり、年収に応じて実質負担額が軽減されます。

この記事では、前半と後半に分け、前半で就学支援金の概要について、後半では具体的な通信制高校を例にしながら就学支援金が適用された後の学費について紹介します。

就学支援金が適用される通信制高校の紹介もしているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

通信制高校でも適用される就学支援金の仕組み概要

文部科学省によると、就学支援金の目的をこのように紹介しています。

 本制度は、授業料に充てるための就学支援金を支給することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の実質的な機会均等に寄与することを目的としています。

文部科学省「高校生等への修学支援」より引用

要は各家庭の経済的負担を考慮して、高校の授業料の援助を国が行いますよ、と。家庭環境や経済状況によって教育の機会が奪われることを考慮しての制度です。

通信制高校もこの制度の対象で、公立・私立問わず年収や各条件に合致した家庭なら支援金が出る仕組みです。

ただしこの制度の適用は通信制高校のみ。サポート校は適用範囲外です。

就学支援金が適用された場合の通信制高校の学費

就学支援金が適用されると、公立の通信制高校なら1単位336円~700円が支給。仮に1年間で24単位履修すれば、約8,064円~16,800円の支援金が出ます。

もともと公立の通信制高校の授業料は無料なので、教材費や初年度の入学金、交通費などに充てることが出来ます。

私立は1単位あたり4,812円。年間だと約12万円。卒業までの3年間だと356,088円の支給。注意しておきたいのは、一度学費を全額納入し、後から支給金額が変換される形になること。最初から減額された金額を納付すればいいわけではありません。

就学支援金の適用条件とその基準【年収により異なる】

samsung-793043_640-compressor

就学支援金が出るかどうかは各世帯の年収に応じて決まります。世帯年収が910万円以上の方は対象外。その支給条件や対象の条件は、「市町村民所得割額」なるものを基準に決定します。

3.所得要件
保護者等(注1)の市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯(注2)で年収910万円)未満である方が対象です。
(注1)原則、親権者(両親がいる場合は2名の合算額で判断。)、親権者がいない場合は扶養義務のある未成年後見人、保護者がいない場合は主たる生計維持者又は生徒本人の市町村民税所得割額で判断。
(注2)両親のうちどちらか一方が働き、高校生一人(16歳以上)、中学生一人の子供がいる世帯。

引用:文部科学省

この市町村民所得割額が非課税であれば2.5倍、51,300円未満であれば2倍、同じく154,500円未満で1.5倍支給されます。

基準額の支給は市町村民所得割額が仮に2倍の支給金額対象であれば、3年間で70万円以上のお金が支給されます。

この記事の後半で出てくる、就学支援金の基準額の適用条件は「おおよそ世帯年収910万円未満」と理解してください。(わかりやすく理解するため、細かい条件はここでは一度無視。詳しい条件を知りたい方は各自必ず学校へお問い合わせください)

各都道府県で学費減免措置制度もある

また、他にも各都道府県が独自に用意している学費減免補助と言う制度があります。これは各都道府県によって内容、条件、対象となる学校が違う制度です。

そのため、通信制高校が対象なのか、私立でも対象なのかは各都道府県別に調べるしかありません。

139527-compressor

この手の制度が最も充実しているのが実は大阪。大阪では通信制高校の授業料を1単位当たり10,032円までを補助金によって賄うことが出来、年収610万円未満の世帯であれば保護者の負担額は無償になります。

通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版」という書籍によると、2013年5月現在で私立の通信制高校の学費減免補助が対象となるのは、以下の23府県となっています。

  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 茨城
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 新潟
  • 長野
  • 福井
  • 山梨
  • 岐阜
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 島根
  • 広島
  • 香川
  • 高知
  • 熊本
  • 大分

ここで1回まとめ

ここまで就学支援金の制度と仕組みについて簡単に説明してきましたが、結構複雑です。就学支援金について強調しておきたいことは、「居住地、年収に応じて各自条件が異なる」ということ。まずはここまでの理解でOK。

就学支援金の出る通信制高校一覧

ここから、全国規模を誇る有名通信制高校の中で就学支援金が適用される私立の通信制高校を5つほど紹介します。後ほど、各学校の中で最も安い学費で提供されているコースの紹介もします。

  • 第一高等学院
  • ルネサンス高等学校(豊田校、大阪校)
  • さくら国際高等学校
  • ヒューマンキャンパス高等学校
  • 飛鳥未来高等学校
  • 鹿島学園高等学校

これらの学校は全国にキャンパスがあったり、通学はゼロでも年に一度(もしくは数回)のスクーリングのみで卒業できる通信制高校です。これら6校は全て就学支援金対象校。

就学支援金が適用される通信制高校の学費最安値コース

上記学校の中で幾つか学費が最も安いコースの概要と、就学支援金の適用について簡単に紹介します。資料は全て請求しているので、どんな風に解説されているのか、雰囲気だけでも掴んでください。

また、ここで提供しております情報は全て2015年度(平成27年度)用のものです。さらに就学支援金の具体的金額は各々で異なり、さらに法律や条件はその都度変わる可能性があります。必ず資料を請求するか問い合わせで確認することをおすすめします。

ルネサンス高等学校

2015年度大阪校の募集要項の資料から。コース別の学費は特に明記なし。

P_20160111_185402

入学初年度25単位を履修した場合、就学支援金適用で289,700円(適用前で41万)。次年度は26単位履修で204,888円(同・33万)。高3の10月編入で年間10単位履修の場合は211,880円(同・26万)。

また、就学支援金加算対象者の場合、1.5倍(支給額180,450円)、2倍(240,600円)、2.5倍(25万)の支給対象者の支援金額もそれぞれ明記されていますね。

P_20160111_185343

募集要項に、「大阪府外にご在住の方」という明記があるため、府外在住の人と府内在住の方で送付している募集要項が違うと思います。その点ご留意を。

第一高等学院

普段はネット学習でレポート課題をこなし、年に一度、2泊3日の集中スクーリングを行うMobile HighSchoolコースの学費は初年度25単位履修で344,820円。そこから就学支援金基準額(120,300円)が支給されて、実質負担額は224,520円。

P_20160111_190030

注意書きを見ると、一度学費を全額納入し、後から支援金額が還付されて戻ってくるようです。就学支援金加算対象者や居住性によって条件が合えば、さらに学費は安くなります。

ヒューマンキャンパス高等学校

学校に通うのは年に数日だけで、自宅学習が中心の一般通信課程では、初年度24単位履修で306,000円。就学支援金の基準額が適用されて、実質負担額は190,512円。

P_20160111_190652

他の通信制高校では1単位1万円が多いですが、ヒューマンキャンパスは1単位8,500円なので、ここなら比較的安めの学費で済みそうです。

鹿島学園高等学校

コースごとの学費明記がないため、学費の基本部分のみを紹介します。

初年度25単位履修で204,000円+教科書代。そこから就学支援金の基準額が適用されると83,700円+教科書代。その他体験学習、個別指導、通学費、ネット指導の費用が各自の選択に応じて加算されます。

P_20160111_191543

鹿島学園高等学校も1単位7,000円なので、ほかと比べて安めの学費で済みそう。(別途必要な費用の詳細にもよりますが…。)

飛鳥未来高等学校

高校2年で転入し、週に1日~通学ありのベーシックコースに初年度28単位履修すると、学費納入金は474,000円。就学支援金の基準額が支給され、実質負担金額は339,264円。

P_20160111_192548

飛鳥未来高等学校も1単位8,000円ですが、さすがに通学ありのコースにすると選考料や教材費も含まれているとはいえ、割高感がありますね。

最後のまとめ

ここで紹介したことは一つの事例であって、誰でも同じ条件が適用されるわけではありません。

学費やお金に関することはやはり学校側が配布している資料をよく読み込み、自分の状況に照らし合わせることが一番です。まずは資料を請求し、情報を確認した後、問い合わせをしましょう。

ちなみに、ここで紹介した通信制高校、その資料は全て私が実際に以下のサイトから一括資料請求したものです。もし気になった学校があった場合は、是非パンフレットを請求してみてください。

→→ 自宅近くの通信制高校を一括資料請求【画像付き解説】


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加