高校中退からいつでも編入できる通信制高校

この記事は高校を既に中退済みの人が通信制高校に入り直す(=編入)すること検討している方向けの記事です。まだ高校に在学中の人は編入ではなく、転入(いわゆる転校)になりますから、「全日制高校から転入・転校できる通信制高校」の記事を読んでくださいませ。

高校中退から通信制高校への編入は、編入時期はもちろん、単位や在籍期間の引き継ぎなど少々複雑なところがあります。

知名度が高く、全国規模で運営している有名どころの通信制高校を題材にしながら解説していきます。

スポンサーリンク

高校中退者が編入できる主な通信制高校

P_20160113_183814

大抵の通信制高校なら高校中退者の転入・編入を受け付けています。全国から入学可能で、運営規模と知名度が大きい、なおかつ随時編入できる代表的な通信制高校という条件で探すと、次のようになります。

※年度により変更の可能性があります。

  • 飛鳥未来高等学校
  • ヒューマンキャンパス高等学校
  • さくら国際高等学校・東京校
  • 第一高等学院
  • 鹿島学園高等学校

もちろん、これらだけではありませんが、有名ドコロというと、こんな所でしょうか。

サポート校

通信制高校ではなく、サポート校も編入できます。随時編入でき、なおかつ全国にキャンパスがあり、運営規模が大きいサポート校というと、この2つでしょうか。

  • KTC中央高等学院
  • トライ式高等学院

KTC中央高等学院は屋久島おおぞら高等学校という通信制高校に編入し、毎日の通学と勉強の補修をサポート校で受けます。

関連記事→ 通信制高校とサポート校の違い

トライ式高等学院は鹿島学園高等学校、日本航空高等学院、高松中央高等学校のいずれかに編入し、同じく日々の勉強や通学、補修をトライ式高等学院というサポート校で受けます。

いずれも、高校中退から随時編入できます。

上の通信制高校でもし気になる所があった人は、下の記事から資料請求できますよ。

→→ 自宅近くの通信制高校を一括資料請求【画像付き解説】

高校中退から通信制高校に編入するまでの流れ

で、次に編入までの流れをザッと確認。大体の通信制高校は編入学まで同じような流れです。

  1. 資料請求
  2. 学校見学・ガイダンス
  3. 出願
  4. 入学試験
  5. 編入学

以前在籍していた高校に在籍期間証明書成績単位修得証明書を作成してもらい、願書などの必要書類とともに送付します。学校によっては、教育課程表成績証明書を求める学校もありますね(ヒューマンキャンパスなど)。

入学試験は書類選考、面接、作文などがメイン。学科試験を課す所もありますが、学科だけでの評価はせず、主に入学意欲や本人の意志などを重点的に見るようです。

単位の引き継ぎや在籍年数、はガイダンスで確認できます。

編入学する際の注意点

既に高校中退済みの人にとって気になるのが単位と在籍年数の引き継ぎですね。通信制高校は最低在籍年数が3年、74単位修得が卒業条件です。

中退から編入するとまたゼロから3年を積み重ねる必要はなく、以前在籍していた高校での単位と在籍期間を引き継ぐことが出来ます。

中退時期と在籍年数の関係

以前いた高校の在籍期間の引き継ぎですが、中退時期によって通信制高校に在籍しなければいけない期間が変ります。

中退時期 通信制高校での必要在籍期間
高1

4月~9月

3年
高1

10月~3月

2年半
高2

4月~9月

2年
高2

10月~3月

1年半
高3

4月~9月

1年
高3

10月~3月

半年

一般的な相関関係は上記の通りですが、個人の条件により変わる可能性がありますから、必ず学校側とガイダンスや面談で確認するようにしてください。

パンフレット資料に掲載されている高校中退から通信制高校に編入した人達

パンフレットを請求すると、在校生や卒業生の声がたくさん掲載されています。高校中退から編入した人もたくさんいて、一人ひとり色んな事情から編入してきたんだなぁと思いますね。

例えば、

  • 全日制高校に入学したものの、すぐに中退してしまった人
  • 人間関係に悩んで高校に行けなくなった人
  • 起立性調節障害で高校を中退した人
  • 中退後に働き始めたものの、将来に不安を感じた人
  • 高校に通う意味が見出せずに中退した人
  • 妊娠・出産で中退した女性
  • スポーツや専門分野でプロフェッショナルを目指している人
  • 美容師になる夢を1日でも早く叶えたかった人
  • アニメやマンガの勉強を通信制高校でしたかった人
  • 声優の勉強と訓練をしたかった人

とか、ほんとうに色々です。ルネサンス高等学校だと、こんな資料が入っていました。

P_20160113_181415

編入してきた人や在校生の声を集めた冊子です。

※ルネサンス高等学校、ルネサンス豊田高校学校は年に4回(4、7、10、1月)、ルネサンス大阪高等学校は年に2回(4月、10月)の編入に対応しています。

飛鳥未来高等学校だとこんな感じ。

P_20160110_173523

こんな風に、資料やパンフレットを請求すると募集要項や入学詳細だけでなく、体験者や在校生の声も見れるので、編入前に必ず資料を請求しておきましょう。学校見学に行くときにも、何の前提知識もないままに見学に行くのはある意味失礼ですからね。

ここで紹介した通信制高校は以下のサイトから一括資料請求できます。

→→ 自宅近くの通信制高校を一括資料請求【画像付き解説】
他にも、色んな角度から通信制高校を選びたい人向けの記事も用意しているので、関心があればご覧になってくださいませ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加