★スクーリングなし★登校・通学なしの在宅型・通信制高校の紹介

通信制高校ってスクーリングなしでも卒業できるのか?

通信制高校を探している方の中には、このような疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

結論から先に言いますと、スクーリングが全くない通信制高校は日本にありません。通信制高校ではレポート、テスト、スクーリングは単位取得のために必須の項目なので、卒業までに全くスクーリングなしで卒業することは不可能です。

しかし、普段の登校と通学をなしにすることは出来ます。普段の通学がない代わりに、年に1回、集中的に数日間かけてスクーリングをおこない、3年で卒業を目指すというコースです。

この記事では、スクーリングなしは無理でも、スクーリングが少なくても卒業できるコースがある通信制高校を紹介します。

スポンサーリンク

通学・登校なし!スクーリングで卒業できる、評判のいい通信制高校

雲ひとつない晴天の空と学校校舎、芝生のグラウンド

今記事で紹介するのは

  • NHK学園高等学校
  • N高等学校
  • 第一高等学院

の3つの通信制高校です。これらの通信制高校は全国各地から入学できて、比較的評判の良い通信制高校です。スクーリングが少ない通信制高校はこれら以外にも全国各地にあるんですが、あまり評判のよろしくないところもあります。

例えば鹿島学園高等学校などは通信制高校でも有名ですけども、毎日新聞で報じられた「広域通信制「鹿島学園」 定員の1.6倍 是正指導従わず」のように、定員を超える生徒数を抱え込み、文部科学省から問題視されている現状です。

この他にも、営利主義で授業や教育、生徒の質が保てていない通信制高校もございますので、この記事ではそういった心配のない3つの通信制高校を紹介していることを、ご了承ください。

では、一つ一つの通信制高校を紹介していきます。

NHK学園高等学校(ネット学習Doitコース、ネット学習コース)

NHK学園高等学校のスクーリング会場の紹介画像

あのNHKが運営するNHK学園高等学校にも、通学なしのコースがあります。

ネット学習コースは、NHKの高校講座を視聴することで、一般の通信制高校の登校日数の約半分で卒業できます。スクーリングは全国39ヶ所の中から最寄りのところにて、年間4日程度の集中スクーリング(月に1~2回のスクーリングを選ぶことも出来ます)を行います。

実施時期は毎年10月~11月。宿泊が必要な場合は、東京本校以外なら併設された宿泊施設を利用することが出来ます。

もう一つのネット学習Doitコースは不登校生徒、ひきこもりの人向けのコースで、年間5日~10日の登校(スクーリング)のみ。個別に自宅に伺うこともでき、対応は全国7キャンパスにて。

N高等学校(ネットコース)

N高等学校のネットコース

通学、登校なしにしたい方はネットコースがおすすめ。映像授業、レポートの提出、マイページでの履修管理、同じネットコースで学ぶ人が交流する掲示板やネット部活など、インターネットをフル活用するコースです。

スクーリング形態は二つあり、沖縄県で4泊5日のプレミアムスクーリング、あるいは全国11ヶ所で年5日間程度のスクーリングか、どちらか好きな方を選べます。生徒1人に担任が必ず就き、電話、メール、チャットなどでサポートを受けることが出来ます。

ネットコースの学費は7,200円×履修単位数(就学支援金が適用されれば1単位あたり4,342円~)、入学金が入学時のみ1万円、施設設備費が年間5万円、教育関連諸費が年間13,000円です。沖縄県で行うプレミアムスクーリングに参加する場合は、別途費用がかかります。

第一高等学院(Mobile HighSchool:通信コース)

スクーリングは年に1回、茨城県高萩市にある高萩本校、兵庫県養父市にある養父本校のいずれかを選んで、泊りがけで行います。日数は履修単位数、入学時期によって変動しますが、最低でも2泊3日~あたりかと思います。

コース名に「モバイル;Mobile」と付いている通り、普段はネット学習を基本としたコースです。専門のページにログインすると、映像授業を受けられるし、レポートの提出まで、スクーリング以外は全部ネットで完結できるコース。

生徒1人につき担任が1人つくので、たった1人誰のケアもなく孤独に卒業を目指す訳ではありません。希望すれば全国50ヶ所以上にある最寄りキャンパスに行くか、あるいは自宅や指定の場所にて個人向けに授業やレポートのケアをお願いすることも出来ます。

数年前のパンフレットでやや古いのですが、資料を請求するとこのような紹介が出ています。

まとめ

通信制高校のパンフレット

この記事で紹介してきた通信制高校は、全て「ズバット通信制高校比較」というサイトで資料を一括請求出来ます。これらの高校以外にも、自分の住んでいる都道府県別に通信制高校、サポート校を一覧で表示してくれ、自分の好きな学校の資料を無料で一括請求できる便利なサイトなので、情報収集の際には覚えておくといいかも。

実際にこのサイトを使って資料を請求した時の様子、サイトの使い方についてはコチラの記事で記載しております。

⇒ 自宅近くの通信制高校の資料を一括請求してみよう【画像付き解説】

直接公式サイトに行く場合はこちらから。

 ▼資料請求・公式サイト▼ 
⇒ ズバット通信制高校比較

通信制高校を探す段階で他に気になる、例えば学費のこと、世帯の収入に応じて学費負担を減らしてくれる就学援助金のこと、スクーリングの場所などは、学校ごとに作ってある資料やパンフレットで詳しく記載されています。

特に就学援助金のことは居住地域によっても変わるみたいなんで、個別ごとの詳しい内容は特にパンフレット資料でご確認いただきたいと思います。資料の請求は誰でも、無料で出来るんで、どうぞお気軽に。

▼資料請求・公式サイト▼ 
⇒ ズバット通信制高校比較


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加