起立性調節障害の高校受験:不登校でも進学できる高校選び

起立性調節障害で不登校になった中学生の高校受験をどうするか?それがこの記事のメインテーマです。

起立性調節障害で不登校だと出席日数、成績面では当然不利ですから、高校どうしよう問題が勃発します。起立性調節障害のうちの子供でも進学できて、3年間通える高校…そんな高校本当にあるのか?とため息が出ていませんか。

今の日本にはそういう起立性調節障害でも入れて通える高校が、全国にたくさんあります。

また、過去の統計を見る限り、起立性調節障害と最も相性が良いのは通信制高校であることが既に分かっていて、起立性調節障害の中学生の3人に1人は通信制高校に進学するという事実を最初にお伝えしたいと思います。

ハッキリ申し上げておくと、起立性調節障害の子供にとっては本当にいい時代になったと思います。現在は様々な法改正もあって、起立性調節障害の生徒にとっての選択肢は多彩になりましたから。

起立性調節障害の高校選びは通信制高校の情報収集から始まる、という点をまずはご理解いただき、様々な選択肢の中からお子さんに合う学校を是非選んでいただきたいと思います。

将来、進路への不安は尽きないと思いますが、まずはこの記事を読んでもらって起立性調節障害の高校受験に関する概要を理解し、漠然とした不安を思いっきり打ち消してほしいと思います。

自宅近くの通信制高校の資料を一括無料請求するなら
⇒ ズバット通信制高校比較

スポンサーリンク

起立性調節障害の高校受験:進路先となるのは4つ

PlanA,PlanB,PlanCの看板

起立性調節障害と最も相性が良いのは通信制高校だとお伝えしましたが、そもそも日本にある高校は

  • 全日制高校
  • 定時制高校
  • 通信制高校

この3種類です。

高校ではありませんが、この他に「高卒認定試験(旧・大検)」という高卒と同等程度の学力があるとみなされ、大学も受験することが出来る資格試験があり、その後の大学進学や専門学校への進学を想定している場合は、この高認も進路の1つと成りえます。

中卒での就職という進路を除けば、この4つの選択肢が起立性調節障害の生徒にとっての進学先の候補となります。

過去に起立性調節障害の生徒たちの進学先とその後の統計

大阪医科大学附属病院の小児科を受診した起立性調節障害の中学生100人を対象にした統計(調査の出典元は小児科医の田中英高著「改訂 起立性調節障害の子どもの日常生活サポートブック」より)を見ていくと、起立性調節障害の生徒と最も相性が良いのは通信制高校だと言えます。

高認試験はよほど病状が酷い場合を除き、卒業後の最初の進路からは外して良いと思います。定時制と全日制は学校のシステムと病状を考慮しながら、子供本人が進学したいと強く希望する学校があれば、病状を見ながら検討の余地あり、といったところ。

それぞれの理由については後述するので、まずは調査の結果を簡単に説明していきます。まず起立性調節障害の中学生100人の進学先の統計がこちらです。

  • 全日制高校:48人
  • 通信制高校:34人
  • 定時制高校:4人
  • 高卒認定試験:5人(予備校在籍が1人、独学が4人)
  • 進学せず:9人

進学を見送った9人のうち3年以内に通信制高校に入学した人が5人おり、全日制高校に進学した48人のうち中退したのが15人、調査段階で半分程度の出席に留まり苦戦しているのが約10人、問題なく出席できているのは全体のうち半数程度でした。

全日制高校は進学者数は多いものの、中退率も非常に高いのが現状で、中学3年時での出席率が低い生徒ほど、全日制高校での中退率も飛躍的に高まることが既に分かっています。通信制高校の中退率と比べると、全体で6倍、出席率が低い生徒に限れば最大で13倍もの中退率の差が出ています。

起立性調節障害の生徒の3人に1人は通信制高校を選んでおり、その多くが学校にきちんと定着して卒業まできていますので、やはり他の高校と比べて相性が良いことは明らかです。過去にあなた達と同じ起立性調節障害を抱えてきた先輩親子たちに学ぶのなら、通信制高校を真剣に検討して欲しいと思います。

起立性調節障害で高校受験を悩んでいるならまずは通信制高校から

起立性調節障害の高校受験、高校選びは通信制高校の情報収集からから始まります。全日制を希望している人も含めて、まずは通信制高校の情報を収集し、学校の仕組みや雰囲気を掴んでください。

起立性調節障害でも不登校でも、自分の子供でも進学できる高校がこの世の中にたくさんあるという点を理解するだけでも、心の余裕は全然違います。実際に高校の情報を調べていくと、漠然とした将来や進路の不安も勝手に消えていくので、ぜひ積極的に情報を収集していきましょう。

自宅近くの通信制高校の資料を一括無料請求するなら
⇒ ズバット通信制高校比較

全日制高校、定時制高校、通信制高校の違い

それぞれの学校の違いについては、下記の表を見てもらうと分かりやすい。

全日制 定時制 通信制
授業時間帯 朝~夕方 夕方~夜間
(稀に昼間)
朝~夕方
(選択可能)
授業時間数/日 6~7時間 4時間プラスα 生徒による
(選択可能)
登校日数 週5日 週5日 週に1~5回
(選択可能)
年に1度のみも可
卒業までの年数 3年 3年~4年 3年
学習システム 学年制 学年制 単位制
起立性調節障害
の生徒の進学実績
中~多
起立性調節障害
との相性
×

全日制はいわゆる普通の高校。毎日、朝から夕方まで授業があります。定時制は夜間のイメージが強いですが、昼間にも授業をやっていて、全日制と同じく毎日授業を受けます。

通信制高校単位制という学習システムを採用しており、大学や予備校のようなシステムです。自分でとりたい授業をとって、時間割を自分で決めることが出来ます。単位を取るまでにレポートを提出し、授業にもちょっと出席し、テストを受けて、合格すれば単位認定。

もし単位を落としてしまっても、何度でも再履修することができます。3年間で74単位が条件なので、進級という概念もありません。4年目に突入した時が留年のようなものですね。

起立性調節障害の生徒にとって学年制というシステムは負担が大きい

無人の学校の教室

一方、全日制定時制は共に学年制というシステムを採用しており、予め決められている1年間で取得すべき単位全てを取得して初めて、次の学年に進級できます。

学年制は単位を1つでも落とせば留年になり、留年するとその学年を全て最初からやり直しです。単位の取得には授業の出席が非常に重視されるので、1つの授業、あるいは1年間で一定数以上の欠席があると留年してしまいます。

全日制と定時制の違いは授業の時間帯だけで、学年制という学習システムは同じ(稀に定時制高校でも単位制の学校もありますが、全国的にとても少ない)です。定時制だと時間帯を遅くすることは出来ますが、毎日の授業出席が必須なので起立性調節障害の生徒にとって体力的な負担はある程度覚悟すべきです。

起立性調節障害の中学卒業後の最初の進路に高認試験を選ぶ必要はない

最後に、高卒認定試験について。今現在、中学生で起立性調節障害を抱えている人なら、高認試験は卒業後の最初の進路からは外して良いと(個人的には)思います。

高認試験は一般的に高校を中退し、専門学校や大学への進学を前提としている人がほとんどなので、よほど起立性調節障害の症状が酷い場合を除き、中学校の新卒の段階では通信制なり全日制なり定時制なり、どこかの高校に入学するほうがベターかと思います。

先程の統計では5名が高認試験を進路として選んでいると紹介しましたが、5人中4人は予備校い通わず独学で合格を目指しており、なぜそうしたかと言えば高校にも予備校にも通うのは難しいほど起立性調節障害の症状が酷かったからです。

しかも高認試験はあくまで資格試験ですから、高校卒業の学歴にはなりません。大学や専門学校にその後進学すれば、最終学歴はそこになるのですが、進学しなければ最終学歴は中卒のままなので、最初は通信制なりどこかの高校に入る方が現実的です。

起立性調節障害の高校受験:まとめ

通信制高校のパンフレット

最初に述べた通り、起立性調節障害と最も相性が良いのは通信制高校であり、起立性調節障害の高校受験は通信制高校の情報収集から始まると理解して貰って大丈夫です。

特に起立性調節障害の病状が酷い生徒、不登校状態の生徒、出席がままならない生徒ほど、通信制高校の情報収集からスタートしてください。

大丈夫、この世の中には起立性調節障害でも高校に入学し、きちんと卒業してきた人たちがゴマンといます。起立性調節障害でも受け入れてくれる高校だって、調べればたくさんありますよ。

まずは自宅近くの通信制高校を探してく必要がありますが、情報収集の際は自力で探していっても良いですが「ズバット通信制高校比較」のような都道府県別で入学できる学校を一覧で表示し、その学校の資料を無料で一括請求できるサイトが便利。

⇒ ズバット通信制高校比較

主要な通信制高校はとりあえずここで探せるので、情報収集のスタート時にはこういうサイトを使うと便利かと思います。

あと、この記事で紹介した起立性調節障害の中学生100人の統計調査の詳細、全日制高校、定時制高校、通信制高校の仕組みや起立性調節障害との相性については下記の個別記事で詳しく取り上げていますので、もっと詳しく読みたいなーって方は下の記事も覗いてみてください。

〔参考〕

自宅近くの通信制高校の一括資料請求はこちら

⇒ ズバット通信制高校比較


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加