中卒/高校中退から就職する方法:正社員求人の探し方、おすすめサイト

履歴書の「学歴・職歴」の文字

当サイトは不登校をメインテーマにしたサイトです。高校生の不登校を語るとき、どうしても避けて通れないのが高校中退です。

この記事では、高校中退/中卒からの主な就職先、そして正社員での就職先の見つけ方について紹介しました。

「今から高校を中退しようか迷っていて、高校中退での就職事情について詳しく知りたい人」のほか、「すでに高校を中退して就職先を探し方を調べている人」、「過去に中退経験があったり、中卒のままアルバイトなどで働いてきたものの、そろそろ正社員で就職先を見つけたい人」にも役立つ内容になっています。

高校中退や中卒で仕事を探すやり方、中卒でも応募できる求人が多く掲載されている就職サイトなどを紹介しているので、ぜひご自身の将来に役立ててください。

 

スポンサーリンク

中卒/高校中退から正社員での主な就職先と就職活動の方法

建設現場と作業員

中卒/高校中退から正社員で就職する場合、男性なら建設現場での仕事が主な受け入れ先です。いわゆる力仕事で、鳶職や土方などがイメージしやすいでしょう。

その他には飲食店、パチンコ屋、ゲームセンターなどサービス業、宿泊施設、配送、清掃業、ドライバー、接客業のほか、ホストなどの水商売に流れる人も多いですね。

女性の場合でもキャバクラやラウンジなど水商売系の他、やはり飲食店、宿泊業などのサービス業が中心です。男性、女性問わず肉体労働が中心で、基本は体を酷使する体力仕事がどうしても多くなります。

目先の給料面だけでなく、社会保険の有無、労働時間の長さ、残業代の有無、そして昇給の有無といった、その仕事をトータルで見たときに、やはり中卒では不利な労働環境であることが多いです。

高校中退/中卒から正社員就職を目指すにはハローワークで求人を検索して紹介を受けるのが一番無難なやり方なんですが、少しでも良い条件、将来性がある仕事を見つけたいと思う人が大半でしょう。

それにこのご時世、ハローワーク以外でも沢山の求人検索の方法があります。

既にハローワークでの探し方は知ってるという人も多いと思うので、この記事ではハローワーク以外の正社員求人の探し方を3つほど紹介したいと思います。

 

おすすめの求人検索サイト:リクナビNEXT

リクナビNEXTのTOPページのスクリーンショット

まず使いたいのが全国の転職・就職求人を掲載しているサイト、リクナビNEXTです。求人情報を自分で探して、気になったものに自分で応募するサイトで、無料で利用できます。

リクナビNEXTは転職のイメージが強いのですが、中卒や中退者など、新卒以外の人は誰でも利用できる上、中卒の人でも応募できる求人を多く取り揃えています。

表向きに「中卒OK!」と書いてある求人は少ないですが、「学歴不問」で応募を受け付けている求人は山のようにあるので、建設系や飲食、サービス業以外の求人も探しやすいサイトです。

サイトを利用するには、まず公式サイトで会員登録をして、その後で求人検索、気になった求人の応募方法を確認して、ネット上で応募することができます。

リクナビNEXT<会員登録はコチラ>

ちなみに求人検索以外にも、自分の強みや性格から向いている仕事を診断するグッドポイント診断というコーナーもあるので、どんな仕事が自分に向いているのか知りたい人はぜひ診断してみてください!

リクナビNEXTでの高校中退/中卒でも応募可の求人の探し方

希望地域を絞って「中卒」、「中退」、「学歴不問」などとキーワード検索をかけると、結構な数の求人がヒットします。学歴不問が一番ヒット数が多いですね。

ご覧の通り、学歴不問で検索すると1,420件の求人がヒット!

リクナビNEXTの学歴不問の求人検索結果

これは全国で検索してるので、地域を絞ればもう少し数が少なくなりますが、それでも十分な数字です。ヒットした求人をみていくと、例えば大手でいうとクロネコヤマトも中卒で応募OKでした。

リクナビNEXTのクロネコヤマトの求める人材像のスクリーンショット

ご覧の通り「求めている人材」にハッキリと「中卒、高卒、大卒など学歴は問いません。」と書いてあるでしょ。

リクナビNEXTは毎週水曜と金曜に求人情報が更新されるので、根気強く求人を探してください。ここは求人数がとにかく多いので、中卒であっても、かなりの数の求人を探し当てることが出来ますよ。

リクナビNEXT<会員登録はコチラ>

 

就職Shop

就職Shopのトップページのスクリーンショット

リクナビNEXTはネット上にある求人情報を自分で検索して、自分で応募するサイトでしたが、就職Shopは対面で求人紹介をしてもらえるサービスです。10代~20代の人が主な対象で、中退者や既卒者、フリーター、ニートなど、事情があってこれから正社員就職を目指す若者が使うサイトです。

就職Shopでは、担当者と直接会って面談をし、自分の経歴、希望、色んな話をして、自分に合いそうな求人を紹介して貰い、さらに書類添削や面接対策までガッツリやってくれる就職支援サービスです。

ここで紹介してくれる求人は厳しい審査をパスした優良求人のみで、ブラック企業は省かれているだけでなく、書類選考なし、未経験歓迎の求人を取り揃えているのが素晴らしい。

求職者は無料で使うことができるのも特徴で、就職が決まった場合に就職先の会社からお金を徴収して売上を立てています。

就職Shop<公式サイト>

 

就職Shopの利用手順

東京、横浜、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都にオフィスがあり、中卒者や高校中退者も対象です。

利用の際は公式サイトから面談を申込むと、むこうから電話連絡が来るので、都合が良い面談の日を決めて、当日はオフィスに自分から赴いて、面談、求人紹介という流れです。

直接会って話をするのでちょっと緊張しますが、その分、いい求人に巡り会えたり、就活の相談に乗ってもらえるので、本気で正社員就職を目指している人にオススメ。

就職Shop<公式サイト>

 

第二新卒エージェントNEO

第二新卒エージェントNEOのトップページのスクリーンショット

就職Shopと同じく対面での求人紹介サービスです。このサイトは18歳~28歳が対象なので、高校中退直後の人、15~17歳の高校生年代の人はまだ利用できません。

第二新卒エージェントNEOは「中退などでしばらく中卒のままアルバイトや契約社員などで働いてきて、18歳以上になり、そろそろ正社員で就職先を本気で探している」という人が利用するサイトで、もちろん無料で利用できます。

中卒でも、高校中退でも、本気で人生を変えたい人が使うべきサイトです。

就職Shopと同じく対面での面談で求人紹介をお願いでき、職務経歴書、履歴書、自己PRの添削はもちろん、自分のキャリア形成、強みの把握もできる、かなりのガチ系就職支援サービスです。

第二新卒エージェントNEOは中卒などで数年ほどガッツリ働いてきて、それなりに社会人経験を積んできた人とか、自分の経歴に自信がなくても、本気で就職先を見つけたい人、中卒の経歴でも一気に飛躍したい時に大活躍するような就職支援サービスです。

第二新卒エージェントneo<公式>

第二新卒エージェントNEOの申込み方法

東京、名古屋、大阪の3都市のみが対象。就職支援サービスを希望する場合は公式サイトから申込み後、相手から電話連絡がくるので面談の日取りを決め、当日は指定場所で面談を行います。

当日の面談は最大2時間ですが、事前に何を用意して、準備しておけばようかも伝えてくれるので、まずは申し込み手続きをしてみることをおすすめします。

第二新卒エージェントneo<公式>

ちなみに「数年の職務経験があり、営業などそれなりに正社員としてしっかり働いてきたベースがある」という人は第二新卒エージェントNEO以外の普通の転職エージェントでも、一般の学歴の人と同じように転職支援を受けられると思います。

転職回数があまりに多いと難しいかもしれませんが、中卒でも数年間きっちり働いてきて、それなりに経験もついてきて、いろんな業界や色んな仕事を検討してみたいという場合は「転職エージェントの評判比較&おすすめ紹介」などを参考に、一般の人材紹介会社(転職エージェント)の利用も検討してみてください。

また「そもそも転職エージェントってなに?」っていう人や、「世間では一体どんな転職の方法があるの?」という転職の知識がまったくないという人はこちらの記事も参考になるかと思います。

 

まとめ

以上3つが、中卒/高校中退から正社員就職を目指す場合に利用価値があるサイトです。

自分で求人検索をするならリクナビNEXT、本気で正社員就職をガチで目指すのなら、就職Shop、第二新卒エージェントNEOといった、対面での就職支援サービスの利用をオススメします。

いきなり対面での面談は敷居が高いと感じるなら、まずはリクナビNEXTで求人検索をしてみてはいかがでしょう。

リクナビNEXT<会員登録はコチラ>

 

タイトルとURLをコピーしました