高校中退…子供の将来が不安な親へ伝えたいこと

子供が高校を中退してしまった。もしくは高校を中退しそうだ。

そういう境遇にある親にとっては、子供の将来がどうなるのか不安で不安で仕方ないと思います。

子供が高校中退から立ち直るかどうかを左右するポイントを、私の経験から振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

子供の高校中退…将来が不安で仕方ないのは本人も同じ

0ecd5b4621a7026ad662518741d394f3_s-compressor

私の経験上、高校中退のダメージは子供にとっても親にとっても非常に大きいです。

子供の立場からすると、「ついに自分はここまで落ちぶれてしまった」という、強烈な挫折感、絶望感に襲われています。

親にとってもそれは同じで、この子の将来はいったいどうなるのか、将来まともな仕事に就けるのだろうかと心配は尽きませんよね。

こういう状態になるのは、ある程度常識のある家庭であればどこも同じです。高校中退から立ち直ってきた人たちも、当時はその家庭で同じような苦しみに直面していたものです。

極稀に、「辞めるならお金がかからないうちにさっさとやめてくれ」とか「お金を払わなくていい」と言う親もいるそうですが、このような方と当サイトを見ている方は全く別でしょう。

親のサポートこそが高校中退からの立ち直りを左右する重要なカギ

結論から言いますが、親のサポートの充実度合いこそが子供の立ち直りを思いっきり左右します。

高校中退直後に、それを攻めてしまったり、屑呼ばわりするのはご法度です。高校を辞めるなんて甘やかしている、厳しいことを言わないと子供のためにならないと思う方もいるでしょう。

でも、その正論を突き付けたところで子供がその後立ち直れば問題ありません。しかし、その正論を突き付けて余計に子供を苦しめることになるなら、無意味です。無意味。

apple-196935_640-compressor

子供が罪悪感を持っているか、舐め腐っているか、どのような心理状態にあるのかは目の前の子供の状態を見ればすぐにわかると思います。

厳しいことを言うべきか、今の現状を受け入れて一緒に解決策を考えるか、とりあえず心身を休ませて充電させるべきかは子供がどういう状態にあるかを確認すれば、おのずと答えは出るはずです。

経済的なサポートがあるかどうかも当然そこに含まれる

親のサポートには、経済的なサポートも当然含まれます。

高校を辞めてから、定時制高校、通信制高校、高認試験、もしくはその予備校など、高校中退者を受け入れる先は思いの他多いです。

こういった学校に通うには当然学費がかかるのですが、それを親が用意できるかどうかは結構大事です。

なぜなら、高校中退から立ち直る道は山ほどあっても、経済的な理由でその選択肢が消えてしまうとなると、立ち直れるものも立ち直れなくなるからです。

「高校中退から立ち直れるかどうかは、親の経済力に依存する」という現実があります。

当然子供自身の努力も必要ですが、親の経済力がないためにその後苦労している人も多いので、ここは難しい問題です。

当時の大検予備校で立ち直った私の例

高校を中退した当時の私は、絶望感で一杯でした。建設系の仕事に就いて働こうかと真剣に悩んでいましたが、親の希望もあって大検(今の高認)予備校に通うことにしました。

高校中退の男性・女性の主な就職先」の記事でも書いていますが、「勉強を諦めるな、費用は出してやるから心配しなくていい」と親が言ってくれて、説得してくれたのが私の人生を左右したと思います。

予備校に通うようになってから同じ境遇の友人にも恵まれて、それまでの挫折が嘘のように、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

それまで学校という組織が嫌いで仕方ありませんでしたが、学校って楽しいな、とその時人生で初めて思ったぐらいです。

それまでは高校中退者が集まる学校とか、暗い奴が多いとか正直あまりいいイメージがありませんでしたが、入ってみたら普通に明るくて楽しい奴が多かったのが意外でした。

それまでは勉強が苦手な部類でしたが、大検(高認)に合格すると、「自分でも努力すればいけるんだ」という自信も取り戻せて、その後大学へ進学しました。

将来不安という心配を断ち切れるかどうかは親のサポートにかかっている

私が高校中退から立ち直ることが出来たのは、自分自身の努力うんぬんよりも、親のサポートがあったからだと断言できます。

子供の至らない点を列挙して論破する暇があったら、子供の現状を受け入れてどうすれば立ち直ることが出来るか、どうすれば子供が自信を取り戻せるかを考えた方がいいです。

今の子供をありのまま受け入れて、決して見捨てず可能性がある限りサポートし続けていれば、子供は勝手に巣立っていきます。

その道筋(可能性)を用意してあげられるかどうか、これを意識しておいてほしいな、と経験者の立場から強く思います。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加