高校生の起立性調節障害/高校中退、留年が近づいてきたら…

高校生で起立性調節障害になった、学校に行くべき気持ちはあるけど、身体が言うことをきかず、出席日数がいよいよギリギリになり、中退や留年が見えてきている…

この記事ではこのような状態にある方々、特に子供のご両親に向けて記事をまとめました。私は中学で起立性調節障害と診断され、全日制高校に進学するも中退、高認試験を経て大学へ進学した経歴があります。

私は起立性調節障害のせいで思いがけず進路を変更することはやむなしと捉え、進路の変更が考えられる状況下にある人は、出来るだけ早め早めに次の進路に関する情報を集めることを推奨しています。

この記事では、高校生の起立性調節障害からくる次の進路の選び方、情報の探し方、進路を決める際の注意事項について、まとめました。

スポンサーリンク

高校生の起立性調節障害は進級、中退と留年を巡る綱渡り

火がついたダイナマイトを持つ手

高校生の起立性調節障害は、まさに出席日数との戦いです。迫りくる中退、留年とのせめぎ合いでもあり、綱渡りでもあります。

高校で起立性調節障害に悩んでいる人は、大きく分けて

  1. 中学の時から起立性調節障害だった(高校での再発も含む)
  2. 高校に入って初めて起立性調節障害になった

のどちらかです。

もちろん、今の高校でそのまま頑張れるのならそれに越したことはないです。でも、心身ともにもう限界にあるのなら、話は別。中退や留年が近づいてきた場合は、潔く進路変更をする方が長い目で見れば立ち直りが早いということを知ってほしいと思います。

起立性調節障害は恥ずかしい病気じゃない!病気を受け入れ環境を変える勇気を

PlanA,PlanB,PlanCの看板

いまの高校にしがみつくことが、本当に良いのか。

有名校や進学校に親子でしがみついたせいで傷を深め、病状を更に悪化させ、さらにはうつ病まで併発させて、成人前になってもまだ社会復帰できないケースだってあります。起立性調節障害で高校を辞める辞めないの段階になった時は、今の高校に執着しないことも時に重要だとお伝えしたい。

この日本には、今までにもあなたと同じように、高校生になってからの起立性調節障害に苦しみ、やむなく進路変更をしてきた人が大勢います。もはや起立性調節障害での進路変更は珍しい話ではないし、恥じる必要もありません。

起立性調節障害という病気を受け入れ、その病状と上手く付き合いながら前向きに日々を過ごすために、今の苦しい環境から新しい環境に移る。これはむしろ人生を豊かに暮らすための妥当な判断であり、誰にも責められることでもないのです。

私は起立性調節障害を含め、色んな理由があって高校を中退しましたが、そのことについて後悔したことは一度もありません。むしろそのお陰で勉強の楽しみを知り、大学へ行き、出会いと刺激に恵まれ、今は仕事を持てて、家庭を作り、幸せに暮らしています。

高校で起立性調節障害に悩んでいる人、またそのご両親は進路変更について暗いイメージばかりが先行してしまうと思いますが、まず「そうじゃないんだよ」ということを理解してほしいと思います。

全日制高校から別の高校に転校、進路変更する場合の候補について

起立性調節障害の高校生が考えられる別の進路というと、

  • 定時制高校
  • 通信制高校
  • 高卒認定試験

この3つです。就職やフリーター、全日制から全日制という進路は現実的ではないし、この記事を読んでくれるような人にとっては望外だと思いますので、ここでは省きました。

通信制高校を卒業するには3年間在籍と74単位の取得が必須ですが、もし転校しても、前に通っていた高校での在籍期間、そこで取得した単位とも引き継ぎできます。高卒認定試験を受ける場合は、以前通っていた高校で取得した単位があれば科目免除を受けられる仕組みです。

つまり、いずれの進路を選んだとしても他の皆と同じタイミングで卒業でき、大学入試や受験などでも合否評価の面で不利に働くことは、一切ありません。

全日制高校から定時制高校に移るケースは非常に稀ですので、実質は高卒認定試験を受けるか、通信制高校に転校するかの二択です。

既に中退してしまっているのならともかく、まだ全日制高校に在籍しているのなら通信制高校へ転校すると履歴書の学歴欄に「中退」の文字を残さずに済みます。

もちろん、高認が良いか、通信制が良いかは総合的に判断すればよいのですが、「履歴書に中退の文字だけは残したくない」という場合は通信制高校を選ぶのがマストです。

学年末、学期末で転校する場合は転校先に早めに相談すべし

全日制高校に在籍中の場合の話をしましたが、もう一点、重要な注意事項を述べておきます。

学年末や学期末で学校を変わる場合、転校を希望する通信制高校や高認予備校に、早めに相談しておくことを強く強く、オススメします。

なぜかと言うと、学期末や特に学年末では特定の単位の取得処理が変わる可能性があるからです。高校在籍中に相談していれば単位取得済みとして処理されたのに、それを知らなかったが故に、通信制高校で再履修、高認試験で受け直しが必要になるケースが出てきます。

高校に籍が残っていれば対応できること、籍が外れてからでは対応できないことが仕組み上どうしても出てくるんです。そのせいもあって、通信制高校のパンフレットを請求してみると、どこの高校も「今の高校をやめる前に一度お問い合わせください」と必ず明記してあります。

ギリギリのタイミングになると時間に余裕がなくなってしまうので、出来ることなら早め早めに情報収集し、せめてどんな通信制高校があるか、どんなカリキュラムがあるか、最悪の場合、どんな高校が自分たちの受け皿になってくれるかを把握しておくと理想的です。

土壇場になって慌てふためくよりは、親子共々冷静に対処できますので、精神衛生上、大変よろしいかと思います(私の体験談です…)。

自宅近くの高認予備校/通信制高校の
資料を一括無料請求するなら

⇒ ズバット通信制高校比較

起立性調節障害で転校してもどうせ通えなくなるんじゃなか、という不安について

目覚まし時計を倒す手

起立性調節障害という病気を抱えている以上、別の高校に転校したところで本当に通えるのかどうか…という不安はつきものです。学費を出す、子どもを見守る親の立場なら尚更だと思います。

しかしながら、起立性調節障害を理由に全日制高校に通えなかった生徒が、通信制高校、あるいは高卒認定試験を経て立ち直ったケースは、私を含め日本全国に星の数ほどあります。今の全日制高校に通えないからといって、どうせ他の環境でも上手く行かないというのは全くの間違いです。

起立性調節障害の生徒は症状がつらい時期は停滞感が漂う難しい時期を過ごしますが、一度その暗闇を抜け、様々なストレスから開放されて前向きに努力し始めると、猛スピードでステップアップします。

この現象が起立性調節障害の生徒に幅広く見られることを専門医も認めており、「起立性調節障害の子どもの追い上げはまるでポルシェのよう」と、独特の表現をする人もいるぐらいです。

今は病気のために停滞していても、子供の可能性を信じてサポートしあげてください。それが出来るのは、この広い世の中でも子ども本人の両親しかいませんので。

ギリギリになると時間がないので早め早めの情報収集を

記事の途中でも触れましたが、できれば中退や留年が決定する前の高校に在籍中から、早め早めに情報収集をしておくと本当に対処しやすいです。

私が高校を中退したときは家庭内は大混乱に陥り、親子共々疲弊し、私も精神的に大きなダメージを負いました。自分が起立性調節障害であることを理解し、予め中退のリスクが有ることを受け入れ、事前に通信制高校や高認の情報を集めていれば、あんなにも深い傷を負うことはなかったのかな、と今になって思います。

あとですね、本当に辞める辞めないのギリギリの土壇場になると、気持ちの余裕がマジでなくなります。いついつまでに決めないといけないというタイムリミットが出てきたり、冷静に物事を判断できないような精神状態にもなります。

そうなると、満足行くまで調べきれず「こんな通信制高校があるって知ってたらこっちに行ったのに…!」とか、「とりあえず定時制高校に転校したけどよく調べたら通信制高校の方が良かった…」とか不本意な進路決定をしてしまい、後悔することになりかねません。

高校生で起立性調節障害になり、中退や留年が徐々に現実味を帯びてきている状況では、実際に中退するか転校するかは一度横においておき、とりあえず次の進路について浅く広くで良いので情報を集めておくこと。

これが経験者の立場からできる最大限のアドバイスです。

通信制高校やその他の進路の探し方について

「通信制高校の情報をどのように集めていくか」ですが、よくある需要別に探し方を記事にまとめていますので、こちらを参考にして頂くと、とっつきやすかと思います。

あるいは、都道府県別に自宅から通える通信制高校を知りたい場合は「ズバット通信制高校比較」などの、自宅近くの通信制高校、高認予備校を一覧で表示し、無料で一括資料請求できるサイトを使うのも良いと思います。

⇒ ズバット通信制高校比較


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加