高卒認定試験とは?受験資格と資格概要について

以前は大検(大学入学資格検定)と呼ばれていた検定試験は、2005年度より高卒認定試験に名称が変更されました。

以前の大検の流れを引き継いで高認試験となった訳ですが、この高認試験の概要と資格の意味、そしてメリットデメリットなど、高認そのものの全体像を紹介したいと思います。

私は名称が変更される前の大検時代にこの資格を取得し、大学へ進学しました。当時とは少し変わっているところもありますが、一応経験者として感じるところも紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

高卒認定試験の概要

まず、高卒認定試験というのは文部科学省が主催する資格試験です。この資格を得ると、高校を卒業していなくても「高校卒業程度の学力を有することを証明」し、さらには高卒資格と同等の権利を得られます。

従って、就職や資格、大学や専門学校などの募集条件に「高卒以上」とある場合、この高認試験を取得することで条件をクリアすることが出来ます。

高校を中退していても、卒業していなくても大学へ進学できますし、専門学校や就職など門戸が開かれるという意味で非常に意義のある試験と言えます。

高卒認定試験の試験概要

高卒認定試験は8月と11月の年に2回開催。

科目数は全部で8科目(選択する科目の諸条件によって9科目~10科目に増える場合もあり)。受験資格は、受験する年度に満16歳以上の高校卒業資格がない人。

一度合格した科目は次の試験では受ける必要はなく、何度挑戦してもOK。全科目合格すれば、晴れて高認試験取得となります。(高認は全科目を合格しないと高卒認定試験の合格にはなりません)

例えば、8科目受験する必要のあるAさんは一回目の試験で5科目合格し、残り4科目が不合格だったとします。次の試験では合格した5科目を受験する必要はなく、残りの4科目の身を受験し、合格すれば高認資格が得られます。

8月と11月に開催されるので、8月は5科目、11月に3科目など自分で調整することも出来ます。

高卒認定試験の難易度

試験問題のレベルは高校1年生程度で、試験は全てマークシート方式です。各科目の合格ラインは100点満点中40点。

出題範囲や傾向は毎年似たり寄ったりなので、試験の難易度は決して高くありません。

受験資格について

office-594132_640-compressor

受験資格は受験する年度末に16歳以上の年齢の高卒資格を持っていない人。

つまり、中学生は受験することは出来ませんが、高校1年生の年齢以上の方で高校を卒業していない人であれば誰でも受験することが出来ます。

また、大検時代は高校在学中の人は受験資格がありませんでしたが、高認試験になってから在学中での受験も認められるようになりました。

従って、全日制や定時制、通信制高校に通いながら高認試験を受けることも出来ます。

科目免除について

115619

高校在学時に取得した単位がある場合は、高認試験では試験が免除されます。

高校1年生で中途退学している場合、一般的に免除はありませんが、高校2年生で中退している場合は4~5科目ほど免除される傾向にあります。

自分が通学していた高校に免除科目がないか問い合わせてみるといいでしょう。

また、通信制高校に通っている場合でも、そこで取得した単位は免除されますし、逆に高認で合格した科目を通信制高校の単位として認められることもあります。

高認合格科目を高校の単位として認められるかどうかは学校長の判断にゆだねられているので、学校側に問い合わせてみるのがいいです。

自宅近くの高卒認定試験の予備校を探す


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加