高校中退と親の気持ち:子供と相談するときの注意

子供の高校中退に動じない親は少数派でしょう。

一般的には、子供が高校を辞めることで本人の将来が台無しになるのではないかと心配し、なんとか気持ちを思いとどまらせようとするかもしれません。

あるいは、子供にキツイ言葉を投げかけて目を覚まさせようと、荒治療に出る場合もあります。

スポンサーリンク

子供の高校中退に親の気持ちをどう伝えるべきか

feedback-796135_640

まず最初に、経験者として大切だとを思う事を書いてみます。ここで書くことは、多くの人に当時私が実際に言われたことですが、結果的に自分には全く参考にならなかった事柄です。

私が高校を辞めたいと言い出した時、親は当然として周囲の友人、教師を含めた大人たちに皆共通していたことが幾つかあります。

  • 高校は絶対にやめるべきではないという結論が既に決まっている
  • 正論を突き付けることが本人のためだと思っている
  • 本人は世の中のことを分かっていない未熟者だと決めつけている

つまり、何をどう相談しても、どう意見を聞こうにも、結局は「高校を辞めない方がいい」という結論が決まっているんです。

だから、勇気を振り絞って相談して、純粋に意見を聞きたくてもバカにされて呆れられるだけ。誰も本当の自分の声を聴いてくれません。

「なんで辞めたいのか?」と聞かれても、相手の顔を見ると既に「説教モード」になっているので、何を言おうが何を相談しようが説教されるだけ。そうなると、本音で話したくても話せなくなってしまいます。

バカにされて正論を突き付けられるほど殻に閉じこもってしまうので、結論がどうなるかは一度捨てて、まずは聞く耳を持ってほしいと思います。

前向きで生産的な話し合いにしたければ、一度自分の意見は捨ててみる

anger-794697_640-compressor

逆に、親の立場で子供に伝えてほしいのが、「自分のことを真剣に心配している」ということをストレートに伝えることです。

結局、人間は自分の悩みを分かってほしい、共感して欲しいというのが究極の本音です。最初から撥ね付けて、聴く耳を持たれないというのは誰にとっても辛いことです。

親の立場で相談に乗るときは一度自分の意見を捨てて、子供が何に悩み、何に苦悩し、何に苦しんでいるのか、その感情に共感してあげてほしいと思います。

「高校を辞めたい」と言い出すときには、既に子供では「反対されるに決まってる」とちゃんと分かっています。

一通り話して満足すれば、子供は自分なりにもう一度冷静になって学校に戻っていく場合もありますから、まずは子供の意見に耳を傾けること。

最初から「そんなことッ!」とはねつける気でいると、余計に話がこじれてしまいます。

高校中退を避けられなかった場合

高校を辞めないで済むのであれば、それがベストです。色んな理由がありますが、乗り越えられるのであればやはりそれが最も良い選択です。

しかし、どうしても乗り越えられない場合は、例え高校中退でも悲観する必要はないです。

私のように、高校中退をきっかけに自分の人生を上手く軌道修正し、その後に大きくステップアップした例だってありますから。

高校中退は避けられるなら避けるに越したことはありませんが、高校中退を避けることが万人にとって唯一絶対の正解になるとは限りません。

なんらかの事情でどうしても乗り越えられなかった場合は、それに悲観しすぎず、受け入れること。子供を責めたり、なじったりしても誰も得しません。

そこから、どうすれば立ち直ることが出来るか、どうすれば自分の将来を手繰り寄せることが出来るかを前向きに考えることです。

高校中退の際に、親の気持ちを正論として伝える際の弊害

smiley-681603_640-compressor

高校を中退しようか迷っている人間には、こんな正論を皆口をそろえて投げつけます。

  • 高校を辞めると人生終わり
  • 高校中退なんて人間のクズ
  • 高校ぐらいは出ておけ
  • 金の無駄
  • 高校中退した人間は世の中生きていけない
  • 絶対に後悔する
  • 後悔しないなんて強がっていたって結局後で気づくのは自分
  • 事の重大性にで気づかないのは単なるアホ
  • ただでさえ仕事がないのに高校を辞めたら就職すらできない
  • 世の中そんなに甘くない

まぁ正論ですよね。

これらは私が友人などから本当に言われた言葉の羅列です。しかし、これらの正論が私にとって正解だったかと言うと、案外そうでもありません。

語弊があるのを恐れずに言うと、正論というのは大きな失敗もせず大きな成功もない、守られた範囲内で生きるための意見でしかないんだな、と思います。

世間一般とに迎合し、自分で自分に檻を作ってその中で平穏安泰に暮らすのであれば正論は役立ちます。しかし、檻の外へ一歩出ようとする際には正論はかえって邪魔になります。

高校中退を不正解と決めつけてしまうのは、可能性の無視と同じ

traffic-signs-674623_640

こんなことを言うと高校中退が正しいとか、高校を辞めた方がいいと煽っているように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

私が言いたいのは、「高校中退が正解とは思わないが、不正解と決めつけるのも違う」ということです。

私が印象に残っている言葉に、「可能性の無視は最大の悪策」というものがあります。最初から決めつけて受け入れようとしないのは、人生の可能性を無闇に狭めることと同義です。

結局、正解か不正解かを決めるのは本人です。本人がそれに満足し、それを正解にする為に後々努力し、結果を残せたのであればそれで十分ではないか、と。

親が子供の人生の可能性を狭めてどうするのか、と。

まとめ

  1. 結論をどうするかはさておき、まずは自分の意見を捨ててみる
  2. そして子供の意見をとりあえず受け入れる
  3. 子供の話に耳を傾けて、共感してあげる
  4. 意見を求められれば、親の立場で思う事を伝えてみる

それで学校に戻っていくケースも多いですが、どうしても乗り越えられなあった場合は、前向きに話し合う。そして子供と共に満足のいく将来を手繰り寄せられるよう、前向きに努力する。

経験者の立場から親の気持ちを考慮すると、大切なことはこんなところかなぁと思います。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加