親や家族の対応と接し方

不登校になりかけ?不安定な子供の前兆行動を見逃すな

不登校になりかけの時には、やはり前兆のようなものがあります。そのまま不登校が現実に起こり、長期化するかどうかは前兆の変化を読み取れるかどうかが鍵を握ります。 ただ、親が子供の変化を全て感じ取るのは現実的に難しいですし、不登校経験者やそ...
2015.09.19
中学生の不登校

中高生の子供の不登校の悩み:いじめじゃないけど対人不安のストレス

学校に行きたくても行けない、教室に入れないという状態にある子供は大抵、対人不安を抱えています。 そのきっかけや経緯は様々ですが、一度不登校になって外部との関わりを持てなくなった中高生は、家族以外の人と会うのを嫌がります。 親や教...
2015.09.19
親や家族の対応と接し方

不登校で生活リズム崩壊:ネットゲームによるネトゲ廃人の引きこもり

不登校や引きこもりでは対人不安はつきものです。色々なストレスから人目を避けるようになり、自分に対する自身の喪失から家族以外の人間との接触を嫌がります。 不登校にはネット依存とゲーム依存、そして昼夜逆転はつきものです。 解釈が非常...
2015.09.19
親や家族の対応と接し方

不登校の原因が親の教育や家庭環境にあるケースと特徴

私は基本的に不登校の原因は母親の責任ではないという考えの持ち主です。 また、家庭環境が絡むことは合っても、それは考えられる原因の一つに過ぎずそれだけが要因ではないと思っています。 ただし、不登校と引きこもりは親の責任ではないが、...
2015.09.19
親や家族の対応と接し方

引きこもり不登校の親のカウンセリング内容と相談員の選び方

子供が不登校になってしまうと、親の精神も体力も想像以上に消耗します。家庭内には暗い雰囲気が蔓延し、かつての明るかった子供の姿と変わり果てた今の現状に嘆き悲しむ毎日。 不登校は子供だけの問題ではなく、親もその当事者の一人です。子供の不登...
2015.09.19
小学生の不登校

幼稚園児~小学校1年生の登園拒否・不登校原因:家庭と親の特徴

小学校1年生や2年生の不登校(登校拒否)、さらに下って幼稚園児の登園拒否といった低年齢化も昨今の不登校の特徴の一つです。 この低年齢における不登校の実態の多くが、母子分離不安にあると言われています。 ※ただ、全ての子供の不登校の...
2015.09.20
中学生の不登校

中学生~高校生の不登校:思春期の子供の気持ちと特徴

子供がある日突然「明日から学校にはいかない」と宣言し、そのまま不登校+ひきこもりになったという話はよく聞きます。 疲れているのか、少し休ませればいいかと思っていても、来る日も来る日も起こしても起きず学校に本当に行かない。 そうい...
2015.09.20
不登校の外部支援

不登校の親の会:同じ悩みを持った人との意見・情報共有の意義

不登校の子どもを持つ親の会というのをご存知でしょうか。なにか子どもの将来を案じて暗い雰囲気の中で互いの傷を舐め合うというイメージがもしかしたらあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。 そこで自分の悩みを吐き出して、同じ境遇で...
2015.09.19
不登校の外部支援

児童相談所と保健所での不登校支援の内容

不登校の相談や支援には児童相談所や保健所でも行われています。 不登校の支援先というと、大抵は適応指導教室やフリースクールが中心になりますが、それらとはどのような違いがあるか、特徴はどんなものがあるのかを確認しておきましょう。
2015.09.19
不登校の外部支援

フリースクール卒業と高卒資格:学歴にならず履歴書にも書けない

フリースクールは公的な学校機関ではないため、卒業という明確な区切りはありません。 また、フリースクールを通い終えても学歴にもなりませんし、当然履歴書にも各内容には該当しません。 ただ、卒業生はフリースクール出身であるということに...
2015.09.19
不登校の外部支援

フリースクールとはどんなところ?運営目的と授業・活動内容

フリースクールは適応指導教室は一般的に不登校の子供の受け入れ先として知られていますが、その違いや特性は異なります。 もちろん、どちらがよくてどちらがダメとかそういう話では全くなく、その特性を理解した上で自分たちにはどちらが合うかという...
2015.09.19
不登校の外部支援

フリースクールに通うと高校受験でどんな利点があるのか?

フリースクールに通えば少しでも高校受験を有利に進められるかもしれない。そう言われると不登校の子を持つ親も、色んな考えが巡ると思います。 学校に行けていなくても出席日数になるのであれば、せめて学校に行けなくてもフリースクールに行って欲し...
2015.09.19